【授業レポート!】
卒業修了制作展に向けた作品トワルチェックを実施

ファッション学部 最新情報・ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.12.21東京

ファッションデザイン学科2年生の学生たちは2月24日に行われる卒業修了制作展に向けた作品の中間チェックとして トワル審査を実施しました。

今回の卒展ではファッションデザイン学科2年生は2種類のショーを行います。
2年間の集大成として一人3体~6体制作します。

10月からデザインを考え始め、11月中旬にデザインが決定してから 約1ヶ月をかけてパターンをひき、トワルを組んでいきました。

作ったトワルとデザイン画、使用予定の生地を持参で審査に臨みました。


IMG_2728.JPG

自分でオリジナルの生地を作っている学生もいます。

作ったトワルにサンプルとして貼り付けています。


IMG_2703.JPG

IMG_2714.JPG


上のデザイン画が、こういうトワルになりました。


IMG_2719.jpg_

こちらのブランドはモデルでおばあちゃんに出ていただくかも。
幼い印象がまだ強いので、ディテールを少し変え、大人っぽさをプラスしていきます。


IMG_2695.JPG

どのブランドも修正やブラッシュアップすべきところが山積みです。


本番までまだ2ヶ月あるので気を引き締めて頑張りましょう!

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加