MENU

【授業レポート!】
パターン力を強化!「モードコピーからの発想」プレゼンテーションをご紹介!

ファッション学部 最新情報・ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.12.07東京

ファッションデザイン学科1年生のプレゼンテーションの様子をご紹介。
今回は「モードコピーからの発想」というタイトルでリサーチ&制作を行いました。


審査員は「BALMUNG(バルムング)」デザイナーのHachiさんです。

今回の内容は、歴史上のデザインから現在のデザインまで、形や服飾手法をリサーチをし、それらを引用する形で自分の手でパターンを製作していく課題。


集めた写真からディテールや形を引用したものをミックスして、オリジナルデザインを製作してこれをプレゼン時に発表します。
学生たちは、1950年代から2010年代までを10年単位でリサーチしていき、各年代の代表的なシルエットの洋服のパターンに落とし込みました。


今回のポイントは、 自分でオリジナルでアイデアを発想をするのではなく「リサーチ内容からの引用のみでクオリティと過去の蓄積を借りてくる」ことによって、自分の中からではなく、自分の外側から学びとって自分の手でクリエイションすることが目的になっています。

いつもとは異なるやり方が求められるので、なかなか難しいですね。
求められる作業量が非常に多いです。

プレゼン当日。


IMG_9326.JPG


こちらは村杉さんのパターン。たくさんひきました。


IMG_9347.JPG

岩谷さんは年代ごとでわかりやすく、資料を分けて作成しています。


IMG_9340.JPG

こちらは栗栖さんのトワル。袖にプリーツをあしらっています。


IMG_9336.JPG

こちらは石田くん。


IMG_9348.JPG

今回のターム課題で、皆 パターンのスキルが大幅に上がった様子。


今後の制作が楽しみですね。期待しています。

次の記事を見る

前の記事を見る

VantanStudentCreators

WSコース

AFC_9th

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

  • VantanStudentCreators
  • WSコース
  • AFC_9th
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP