MENU

【授業レポート!】
シーチングを使ったドレープ作り!
~生地ごとの”風合い”を知る~

ファッション学部 最新情報・ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.10.25東京

バンタンデザイン研究所 ファッション学部スタイリスト学科1年生の授業をレポート!
今回は、生地の *風合い の違いを知る授業です。

*風合いとは?
風合いとは、人がモノを感じる時の情報。そして、ものの品質そのもの。
生地の風合いは、主に人間の感覚で判断する、主観的で曖昧なものですが、風合い計測器を利用することで数値化も可能になってくる。

講師の方は
「生地の風合いは言葉で表すにはなかなか難しいんですよ。やっぱり、触って分かるものなので、体感して欲しい!」
とのこと。今回は、3種類の生地を使って *ドレープ を作ることで、生地の風合いを体感します。

*ドレープとは?
ドレープとは、もともとは”衣類、掛け布などを優美にまとわせる”の意味で、自然に出来た布の柔らかい流れるようなひだをいう。

a.jpg


b.jpg

”シーチング”と呼ばれる綿の布地が、一番作りやすそうな様子のみなさん。

c.jpg

「シーチングは形が固まりやすいのです。上につまんで持っていくと、丸みを帯びて空気を含んでいるように作ることも出来る。
だから、実は軽やかさを出す場合にはシフォンよりもシーチングを使った方が良い場合もあるんですよ。」
と講師の方からコメントを頂きました。

最後に完成した作品を披露!

d.jpg

e.jpg

f.jpg

同じシルエットでも生地が異なるだけで作品のイメージはかなり変わります。
今回の授業では生地の風合いを識ることの大切さを学びました!

 

これからの制作物のクオリティが1つレベルアップしますね♪

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP