MENU

【授業レポート!】
1年生のオリジナル作品制作の中間チェック「トワル審査」に密着!!

ファッション学部 最新情報・ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.08.29東京

ファッションデザイン学科1年生がオリジナルアイテム制作のトワル審査を行いました。
トワル審査とは 洋服を作る工程の中での 「仮縫い状態のもの」のサイズやシルエットの確認会です。

1年生の制作物は オリジナルデザインのボトム。
自分たちで考えたデザインのスカートやパンツを作ります。

トワル審査は デザインの担当講師とパターンメイキングの授業の担当講師によるダブルチェックです。

本制作で使用する生地、 作ったトワル、デザイン画、裁ちばさみ、リッパーなどを用意して、トワル審査に臨みます。

まずは 審査員の前でプレゼンテーション、
その後審査員が実際にトワルを触りながらチェック。

a.jpg

b.jpg

トワルに実際に使う生地を当てながら確認していきます。


c.jpg

形は綺麗か、パターンは合っているか、縫い方が合っているか等々細かくチェックをしていきます。

「ここの丈は少し伸ばそう」という若干の修正がある学生がいたり、
なかには、「ちょっとこれはやり直しね~」と言われ、トワルをザクザク切られる学生も。

審査が終わった学生は
「想像以上に厳しいですね、、頑張らないと!」と早速授業後も残って作業を続けていました。

本制作のプレゼンテーションは9月下旬。
残り3、4週間でパターンの修正、本番用の生地での縫いを行っていきます。


どんな作品が出来上がるのでしょうか。
皆さん頑張って、素敵な作品を作ってくださいね!

次の記事を見る

前の記事を見る

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

VantanStudentCreators

WSコース

AFC_9th

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • VantanStudentCreators
  • WSコース
  • AFC_9th
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP