第3タームプレゼンテーション「ブランドクリエイション」【バンタンデザイン研究所blog】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.12.11東京大阪

授業/特別講師/講演会

今回は、コレクションデザイン本科とパターンモデリスト本科の
第3タームプレゼンテーションの様子をレポートsign03

テーマは、自身のブランドで2013年S/Sの作品を3体用意すること。
そのうち1つはシャツを制作するのが条件ですflair

ゲスト審査員に「banal chic bizarre」のディレクター中川瞬さんをお迎えし、
講師7名と合わせて計8名の審査員がコの字型に並ぶ会場。

学生たちが、モデルさんと一緒に入場し
それぞれのブランドのテーマと、シーズンテーマを説明think
作品へのこだわりなども含め、5分間でプレゼンテーションします。

11番目に登場した、櫻井洋平君の作品は、脱構築主義で知られる
建築家、フランク・オーウェン・ゲーリーにインスパイアされた作品。
立体的な構造のシャツやパンツが特徴的ですshine

2012_1129_0352.jpg

2012_1129_0357.jpg

プレゼンのあとは、審査員のみなさんが作品のそばに行って
作品のチェック。実際にさわったりしながら細かい部分を確認していきますpaper

その後、先生たちから

「シャツもとてもかっこいいので、もっと作り込んでほしい」
「これだけディテールにこだわっているにも関わらず、素材感がフラットすぎる」

との講評がありました。

2012_1129_0383.jpg

続いては、早美月さん。
「妊娠」というテーマを、ストリートファッションで表現したとのことflair

2012_1129_0366.jpg

2012_1129_0372.jpg

「プリントはすごくいい。ただストリートの表現をもっと追求しないと…」
と先生からコメントがありました。

13番目は、立石勝君。ブランド名は「A1」です。
ブランドコンセプトは「着たときにテンションがあがる服」

2012_1129_0402.jpg

そして、シーズンテーマは「孤独」で
ティム・バートンの映画作品に表現されていた闇を
ファッションに取り入れたとのことでしたpaper

2012_1129_0406.jpg

審査員の先生からは

「スタイリッシュに見えるけれど、もうひとクセないと勝てない」
「ラベンダーのプリントがわかりにくかったのが、もったいなかった」

とコメントをいただきました。

そして最後に登場したのは、清優海子さん。

2012_1129_0416.jpg

2012_1129_0419.jpg

色とりどりのニットを使ったファッションで
シーズンテーマは「現実と夢の間」。

先生からは

「ショーのダンサーや、花屋の店員、お屋敷から飛び出してきたお嬢様など
それぞれの設定がしっかりして、見た感じパンチがある。
作り手の想いがよく伝わって、見ていてワクワクする」

というお話がありましたhappy01

このあと審査員の先生方は、審査のために別室へ。。。
続いて表彰式が行われますcrown

トップ3には豪華賞品と副賞として
プロクリエイターによる撮影権が授与されるとのこと!

第3タームのまとめにふさわしい、見ごたえのあるプレゼンでしたhappy01

>>ファッションデザインの事が良く分かるバンタンのオープンキャンパス・ファッション業界説明会はこちら

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加