映画プロデューサー

職業詳細

映画プロデューサー

映画撮影の場で、実際に映画を製作するにあたってあらゆる責任を負う者のことです。
映画プロデューサーは、映画製作費を集めたり、監督や俳優を決めたりなど、責任ある立場にいます。
その映画を上映する映画館や、宣伝に関しても、すべて担当します。


映画プロデューサーになるのに、特に必要な資格や検定はありませんが、専門学校などで映画系のことを深く学び、知識を身に着けることは大切です。
学生のうちに、たくさんの映画を見たり、たくさんの本を読んだりしておくことも大事です。


映画が好きなことはもちろん、「こういう映画が作りたい!」という明確な目標を持っていることが求められます。
創造力豊かであり、向上心が高い方にも向いています。とにかく経験を積んで、これらの能力を高める必要があります。

また、さまざまな種の職業の方々と接する機会が多い職場なので、コミュニケーション能力も重要です。
また、時間管理能力も必要になってきます。


実際に自分が苦労して手掛けた映画が、封を切られ、世の中に出て人々に愛される作品になるところを見ることができるのが、この仕事のやりがいと言えます。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:映画プロディーサー

エグゼクティブプロデューサーは、主にチーフプロディーサーとほとんど同じ業務をします。制作スタッフや、タレント、俳優など人事など、責任ある選択を迫られます。

年収イメージ : 年収イメージ400万~500万円

6~10年目:映画プロデューサー(エグゼクティブプロデューサー)

こちらでは、ベテランエグゼクティブプロデューサーとして、大きな映画に携わることも増えてきます。ヒット作を生み出すこともあるかもしれません。

年収イメージ : 年収イメージ500万~700万円

11年目以降:映画プロディーサー(独立してフリーランス)

実績次第では、独立してフリーランスとして働くこともできます。ヒット作を出せば、かなりの高収入ものぞめます。

年収イメージ : 年収イメージ800万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加