ファッションフォトグラファ

職業詳細

ファッションフォトグラファー

主にファッション誌に掲載する小物や服、人物を撮影する者のことです。
企業の専属か、フリーランスとして働いている方が多いです。


特別必要な資格や検定はありませんが、カメラマンとしての撮影技術や美的センスなどは必要となってきます。


美術系の短大や大学、専門学校で専門的にカメラ技術について学ぶか、カメラマン養成学校で学ぶか、どちらかが必要となります。


カメラで写真を撮ることがすきだという方はもちろん向いている職業です。
 

ファッション誌に掲載されるものを撮影するという仕事なので、構図について深く学ぶことが必要になります。
また、ファッションモデルを撮影する際などは、どんなふうに魅力的に見せられるか、またどうすれば消費者に興味や購買意欲を沸かせることができるかが大切になります。
それには、ファッションモデルの魅力を引き出すために気遣いの言葉をかけたりなどのコミュニケーションスキルや、撮影技術が必要になります。


自分が撮影した人物や商品が、実際に雑誌などに掲載されているところを見ることができたり、喜びの声を聴けるところがこの仕事のやりがいです。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:ファッションフォトグラファー(企業勤務フォトグラファー

実際にフォトグラファとして働き始めます。まずは、カメラの撮影技術を高めることが大事ですが、今後のためにコネクションを作ることも大切です。

年収イメージ : 年収イメージ200万~300万円

6~10年目:ファッションフォトグラファ(フリーランス)

フリーランスとして、信用を高めることが大事です。クライアントの要望をきちんと聞き、要望に応えましょう。

年収イメージ : 年収イメージ300万~700万円

11年目以降:ファッションフォトグラファ(人気ファッションフォトグラファ)

実績も積んで、コネクションも増えれば大きな仕事にも参加するようになれます。人気フォトグラファーとして、活躍すると、かなりの高収入ものぞめます。

年収イメージ : 年収800万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加