[ウエディング]ブライダルコーディネーター

職業詳細

ブライダルコーディネーター

結婚式の総合的なサポートを担当する者。
結婚式の初めから終わりまでの業務すべてに関わり、手配などをする、肉体的にも精神的にもハードな職業です。
 

新郎新婦との顔合わせから始まり、式場にまつわることだけでなく、招待状の管理や衣装、料理など、幅広い作業をサポートします。
したがって、全体を見渡せる視野が広い方に向いている職業です。

長くて半年ばかりを、一つの結婚式にかけて業務をするので、持久力や責任感が高い方にも向いています。

結婚式に携わる職業ということで、人気の高いものでもあります。
新郎新婦だけでなく、招待客の喜ぶ顔が見ることができたり、自分の手掛けた結婚式が実現される光景が見ることができるので、そこにやりがいがある職業です。

ブライダル関連の学校に通ったのちにブライダルコーディネーターになる方が多いです。


なんといっても必要なのは、コミュニケーション能力です。
また、多くの業者の方と接することが多いので、接客スキルも必要です。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:ブライダルコーディネーター

じっさいに結婚式に携わり、業務を果たします。実績を積めば積むほど、スキルアップのチャンスとなります。さまざまなことを経験して身につけます。

年収イメージ : 年収イメージ200万~400万円

6~10年目:ブライダルコーディネーター(チーフ)

積み上げた実績と磨いたスキルで、大きな結婚式や有名人の結婚式を担当することもできます。また、新人の指導や研修にも参加することになります。責任は重いです。

年収イメージ : 年収イメージ400万~600万円

11年目:ブライダルコーディネーター(マネージャーまたは独立してフリーランス)

一番責任ある立場として、マネージャーとして総指揮に回ります。また、独立してフリーランスとして働くと、高収入が期待できます。

年収イメージ : 年収イメージ600万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加