ビューティアドバイザー(美容部員)

職業詳細

ビューティアドバイザー

百貨店などの化粧品売り場で、お客の相談に乗ったり、アドバイスをしたりする者。
お客の年齢、肌質などによってそれぞれ異なるスキンケアやメイクアップの方法やそれに合った商品を紹介する、いわゆる美容部員といわれる、化粧品販売の専門的なプロです。


特に資格は必要なですが、化粧品に関する専門的な知識は必要となるので専門学校などで学ぶと有利です。
その後、各ブランドで就職試験を受ける必要があります。また、在庫チェックや商品を整理する必要もあるので、販売スキルも重要です。
 

何より必要なのは、接客スキルです。どんなお客が来ても、笑顔で相談に乗りアドバイスにのれることが必須です。

化粧品市場は景気に左右されにくいので、安定した収入が得られることが多いです。一方で流行の波が激しく、市場が移り変わりしやすいので、常に流行に敏感になっておくことが大事です。
 

売り場において、実際にお客にメイクすることも多いので、メイクアップのスキルは日々磨く必要があります。
自身が勧めた商品を買っていただいて、じかに喜びの声が聞けたり、美しくなっていくことが見れるので、そこが魅力ともいえます。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:ビューティアドバイザー(販売スタッフ)

安定して続けられる仕事なので、ここでも販売スタッフとして働けます。メイクアップ技術を磨いたりと、たゆまぬ努力が必要です。日々移り変わる商品の移り変わりにも敏感に反応できるようになります。

年収イメージ : 年収イメージ300万~500万円

6~10年目:ビューティアドバイザー(店舗責任者)

店舗責任者として、責任ある立場へとステップアップします。順調にキャリアを積むことで、顧客も増えていきます。

年収イメージ : 収イメージ500万~800万円

11年目以降:ビューティアドバイザー(教育・開発)

ここでは新人研修の指揮を任されたり、実際に教育係などに就任することもあります。その際、自分の培ってきたスキルや知識を存分にフル活用できます。

年収イメージ : 年収イメージ800万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加