ヴィジュアルメイクアップ アーティスト

職業詳細

vm2jpg.jpg

ヴィジュアル系アーティストの専属ヘアメイクアーティスト。その独自の世界観を正確に表現できるかが問われる職業です。


必要なのは、ヘアスタイリングとメイクアップに関する知識と技術です。そのために、美容専門学校に行く必要があります。
じっくり勉強したい場合は、美容師専門学校に行ってから、メイクアップの専門学校に行く方が良いです。
(どちらか一方だと、技術が偏るため)まずは専門的にヘアスタイリングとメイクアップについて学び、そこからヴィジュアル系について専門的に技術を磨きます。


アーティスト自身の持つ世界観を壊さないよう、それを正確に表現することが重要です。

女性が多い職業と思われているが、近年では男性メイクアーティストも増えています。

ファッションに興味があることも大事ですが、何より美的センスが問われます。また、ただメイクアップが好き、というだけではなく、相手を美しくするための努力をいとわないことが大切です。

多くの人と接する職業なので、コミュニケーション能力や接客スキルは必須です。
相手と相談して、メイクの方向性を変えることもあるので、臨機応変で対応できることも求められます。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:ヴィジュアルメイクアーティスト

実際にヴィジュアルメイクアーティストとして第一線で働き始めます。培ってきたスキルを活かし、また技術を磨き続けることも大切です。

年収イメージ : 年収イメージ200万~300万円

6~10年目:ヴィジュアルメイクアーティスト

責任ある立場になると、アシスタントの教育や指導が必要とされるので、指導力、統率力が問われます。

年収イメージ : 年収イメージ300万~500万円

11年目以降:ヴィジュアルメイクアーティスト(フリーランスとして独立)

次第と顧客もあつまり、専属アーティストとなれることもあるので、フリーランスとして独立することも可能です。

年収イメージ : 年収イメージ500万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加