[全日制]ロンドンにてファッション業界の第一線でご活躍する高嶋一行さんにインタビュー!!後編【 バンタンデザイン研究所 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.04.13東京

卒業生

バンタンデザイン研究所のファッションデザイン学部を卒業し、日本を離れ、

ロンドンでファッション業界の第一線でご活躍する高嶋一行さんにインタビュー!

 

 

takashima_preview.jpeg

 

 

プロフィール

高嶋一行(タカシマカズユキ)

1985年京都生まれ。国立舞鶴工業高等専門学校 電子制御工学科卒業。

ファッションの分野へと進むため、バンタンデザイン研究所大阪校へ。

ファッションデザインを学んだ後、渡英。ロンドンにてELEY KISHIMOTOのデザインアシスタントで経験を積む。

帰国後、東コレブランドやインポートブランドを扱ういくつかの会社に勤務した後、イギリスに戻り起業。

ウェブメディア「tokyosamplesale.com」の立ち上げ。

http://tokyosamplesale.com/index.html/

 

また日本ブランドの海外セールスを行うエージェント「Showcase Tokyo」をスタート。

http://www.showcasetokyo.co.uk

 

取材記事・寄稿記事など

https://apparel-web.com/tag/kazuyukitakashima

 

http://tokyosamplesale.com/index.html/?cat=1415

 

 

前編はこちら

https://www.vantan.com/topics/blog/detail/3310.php

 

 

卒業してからもバンタン生と交流はありましたか?

お仕事でも関わった事などあればお教え下さい!

 

 

東京で働いていた頃は年に数回集まるぐらいで、仕事では特に接点はなかったです。

現在もイギリスに住んでいるのでさらに疎遠になっています。

 

ただ、仲の良い同級生もみんなそれぞれファッション業界で活躍しています。

僕も含め、もうちょっと全体的にみんなが偉くなれば、お互い仕事でも交流できるのかなと思っています。

独立する人も増えてくると思いますので。

 

なので、連絡を絶やすことなく繋がっていたいと思っています。笑

 

 

IMG_1649_preview.jpeg

 

 

-どのような経緯で現在の職種に就かれましたか?

ウェブメディアにてロンドンファッションウィークの取材・日本ブランドをヨーロッパにてセールスを行うエージェントと二軸でお仕事されていると伺いました。

それぞれのお仕事を、具体的にどんな事をされているかお教え頂けますでしょうか。

 

 

まずウェブメディアの「tokyosamplesale.com」はファッション情報メディアとして運営しています。

 

http://tokyosamplesale.com/index.html/

 

セール情報やロンドンファッションウィークのレポートなど、他のメディアにはない掘り下げた内容です。

一般的なファッションのニュースは他のメディアを読めばいいと思うので、一般的には無いような情報を公開するようにしています。

 

 

もうひとつが日本ブランドの海外セールス事業です。

「showcase Tokyo」として、パリ展示会にてヨーロッパのバイヤーに向けて日本ブランドを売り込んでいます。

 

http://www.showcasetokyo.co.uk

 

 

現在担当しているブランドはウィメンズでは「LOKITHO」とメンズでは「KLASICA」というブランドです。

 

 

ウェブメディアを始めた経緯は、趣味で書いていたブログの延長線上で発展してきた感じです。

 

海外セールスは、東京でインポートブランドのセールス業務を行う会社で働いていたので、その経験を活かして始めることにしました。

メンズとウィメンズの両方のシーズンである年に4回はパリにて展示会の際のセールスを担当しています。

 

 

IMG_1662_preview.jpeg

 

 

-今の仕事の魅力、今の職業だから経験できる事を教えて下さい!

 

 

ロンドンファッションウィークやパリの展示会など、世界規模で活躍するブランドや人と繋がれることだと思います。

 

また、現在はほぼ自分一人で仕事をこなしているので、全てが自由なことでしょうか。

自分で判断し自分で仕事を進めて行くので、良い結果が出ればすごく嬉しいです。

 

逆に悪い結果が出れば、全ては自分の責任。

誰のせいでもないので、失敗から改善する力などはつくと思います。

 

そして、まだまだ勉強や伸ばしたいスキルはたくさんあります。

 

 

-一番燃えたお仕事はございますか?現在の高嶋様の糧になったと思う出来事や経験、時代などの事、

または転機になるような出来事があればお聞かせ頂けますでしょうか?

 

 

前回のメンズでのパリの展示会でしょうか。

日本ブランドを海外で広めようと思うと、たくさんのハードルがあるんです。

 

まず値段の問題。関税やレートなどでどうしてもヨーロッパでは値段が高くなってしまうんです。

 

それにサイズの問題。

日本のサイズだとヨーロッパでは小さいので、何かしらの工夫が必要です。

 

あとは競争。

わざわざ日本のブランドを取り扱うより、ヨーロッパのブランドを買い付けた方がバイヤーにすればラクですから。

 

なので、なかなか海外セールスって難しいんです。

その中でも、ある程度良い結果が出たことは嬉しかったです。

 

もちろん、ブランドのデザイン力などもあっての結果ですが。

コツコツ準備してよかったなと思う瞬間でした。

 

 

IMG_5572_preview.jpeg

 

 

-大変だったお仕事、大変だった時期などはございますか?

 

 

毎日、毎日が大変です。

よく、ファッションの分野の経営者の方が「何度も会社が潰れそうな時期があった」と言われることがありますが、実際に自分一人で仕事を始めてみて本当にそうだなと思います。

 

好調な仕事でも突然ダメになることがあったり、問題が発生したら対応に時間をかけたり。

ラクを感じる日は1日もありません。

 

でも、毎日が楽しいのは事実です。

 

 

-パリの展示会やロンドンファッションウィークは、どんな所でどんな風な場所ですか?

 

 

どんなところ、、、難しい質問ですね。

 

世界中のファッション業界人が集まるところでしょうか。

日本でも結構有名な方がフラッと歩いてらっしゃったりするので、ファッションウィーク 期間中は街全体にファッション業界人がたくさんいる感じですかね。

特にパリは。

 

ただ、そこまで敷居が高いようなこともなくて。

普通に学生さんがインターンをしていたり、それこそ学生さんがストリートスナップを撮影していたり。

 

どんな人でも溶け込める場所かなとは思うんですけどね。

パリコレやロンドンコレクションなど、憧れている方がいれば一度早いうちに足を運んで雰囲気を体験するだけでも良い経験だと思いますよ。

 

 

IMG_6960_preview.jpeg

 

 

-これからの夢や目標を教えて下さい!

 

 

当分はイギリスを拠点に仕事をしていく予定にしているので「ヨーロッパのファッションビジネスと言えば高嶋」と思って頂けるようにしたいです。

特に海外セールスは取り扱いブランドを増やすなど、ヨーロッパで日本ブランドを集めたショールームができるぐらいに広げて行きたいと思っています。

仕事に余裕ができれば、イギリスへファッション留学をしたい方を支援できればと思います。が、まだまだ先のことになりそうですね。

 

 

-学生時代に想像していたご自身と、現在のご自身は同じでしょうか?

 

 

全く違いますね。

学生時代はデザイナーや販売スタッフぐらいしかファッションの仕事を知らなかったので。

独立はしたいと思っていましたが、こんな形で海外中心に仕事をするとは想像していませんでした。

 

ファッションビジネスにはいろいろな仕事の種類があるので、これからファッションの道に進もうとしている方には、

いろいろな仕事を知って自分に合いそうな仕事を見つけて欲しいと思います。

 

 

IMG_7603_preview.jpeg

 

 

-最後にこの業界を目指す後輩達に学生中にやっておくべき事などアドバイスをお願いします!

 

 

自分で服を作って販売してみる。

自分でブログやSNSで発信してみる。

 

など、将来的にやりたいことを今スグやってみることだと思います。

 

ネットを使えば、無料に近いぐらいの負担でネットショップもブログも立ち上げられると思います。

「自分のブランドが持ちたい」と思っているなら、今スグ作れる環境はネットにはあると思っています。

 

うまく行く、行かないではなくて。やってみて工夫をしたり失敗から学んだりをすることが将来的に役に立つと思っています。

 

あと、友人同士でダラダラ一緒にいないことですかね。

自分の将来の責任を友達が取ってくれるわけではないので、在学期間中は自分のやりたい事に全ての時間を注ぐべきだと思っています。

 

ーありがとうございました!

 

 

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加