[全日制]VANTAN STUDENT FINAL 2014「THE POWER OF DESIGN」―ショー編PART.1―【 バンタンデザイン研究所blog 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.03.20東京

3月2日に恵比寿ガーデンホールで開催された卒業修了制作展『VANTAN STUDENT FINAL 2014』


前回、ショーのリハーサルをレポートしましたが、いよいよ本番当日。


学生たちの集大成である作品の数々と熱いステージの模様を完全レポートしていきます!

架空のタッチパネルを動かす少女。

そこへ、エラーが出て……


オープニングを飾ったのは、メディアドライブ研究科

小泉君、島田さん、福田さんの作品「Phantastic」。

「ホログラム」という技術を使いファッションショーの要素を取り入れた新感覚エンタテインメントショー。

閃光の中で踊るリアルな少女とバーチャルな映像のミックスが、神秘的な雰囲気を放っていました。


そして、ファッションデザインショーがスタート!


学科ごとにレポートしちゃいます♪


【コスチュームデザイン学科】

小山幸子さんは、黒と肌見せをミックスさせたメンズスタイルを提案。

樋口みどりさんは、白と黒の貴婦人スタイルを発表しました。

本名安理沙さんは、白鳥の湖コレクションを披露。

バレエの舞台をイメージさせる優美なデザインに仕上げました。


【2年速成ファッションデザイン学科】

サングラスに、ジャケット、透け感あるカラーソックス……

奇抜な「変態紳士」を提案したのは、中田君&奈良本君。

モデルたちは、ラテン・ポップに合わせて情熱的なダンスを踊り、クラシックに合わせて退場するというメリハリのきいた演出が光りました。

苅田梨都子さんのテーマは「80’s御母さん」。

昔のアイドルを連想させるラブリーさを、色や質感で表現しました。


【コレクションデザイン学科】

自身の名前を冠した阪井 尚斗君のブランド「Sakai hisato」。

遊び心あるモチーフを配したジャケットなど独自の感性をのぞかせました。

ラストを飾ったのは、大岩 藍さん「TENTEN」。

頭の上にペンギンをのせたファッションを提案。

実在していないけれど生きている実在しているけれど生きていないデザイナー「TENTEN」自身の過去からコレクションが生まれているそう。


【パターンモデリスト学科】

「Vantan AWARD」にノミネートされた藤井直登君のコレクションで幕開け。

リアルクローズによせたメンズコレクションに加えて、透け感あるアイテムを発信。

フィナーレは、SEiデザイナー清 優海子さん。

手編みの繊細なコレクションに、会場からは拍手が……!

「Asia Fashion Collection 東京ステージ」で高い評価を受け、ニューヨークでのファッションショーを成功させた実力を発揮しました!


バラエティがあって見ごたえ十分だった、ファッションデザインショー。

ショー後の学生たちの表情は、全力を出しきったという達成感とたくさんの笑顔で溢れてました♪



>>バンタンデザイン研究所の学生生活のことが良く分かるバンタンの学校説明会はこちら[東京校][大阪校]



次の記事を見る

前の記事を見る

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

VantanStudentCreators

WSコース

AFC_9th

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • VantanStudentCreators
  • WSコース
  • AFC_9th
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP