[全日制]サウンド学部★スタジオにてアーティストのレコーディングを生体験!【 バンタンデザイン研究所blog 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.02.20東京

授業/特別講師/講演会

あるサウンドスタジオにて、サウンド学部DTMサウンドクリエイターコースの学生がミュージシャンのレコーディングを行いました♪

実際にレコーディングスタジオに赴きました★

今回は、4月に入学して約1年間勉強してきたことが盛り込まれた授業、改めて自分たちが行ってきたことを復習する場でもあるんです。

1年制のコースなので今春卒業する学生にとって、総まとめ的な授業ということですね^^

レコーディングを行うアーティストは『deid』!

deid』とは……

加藤 誠 (Gt/Vo) / 荒川 慎一郎 (Gt) / 佐藤 雄希 (Ba) / 山本 健悟 (Dr)の4人からなるロックバンド。
2007年神奈川県本厚木市某所にてベースレスの前身バンド「KAFKA」を3人で結成。
2008年佐藤雄希(Ba)が加入し、下北沢、都内を中心に本格的にライブ活動を開始。
2010年、バンド名を「deid」に変更。 現在、勢力的に活動中!
------------------------------

機材などのセッティング後、オリエンテーションを行い、サウンドチェックとレコーディングを2曲分行いました。

『deid』が演奏する様子を真剣に見つめる学生。エンジニアさんの動きもしっかりチェックしてすかさずメモを取っていました。

これまでの授業では生の演奏を加工するということが無かったので初めての体験。

演奏が終わるとエンジニアとのやり取りで音を良くしていきます。

『deid』とエンジニアとのやり取りは真剣そのもの。少しのサウンドのズレも逃しません。何回も繰り返し音を聞きながら少しずつ少しずつ加工していきます。

学生たちにとっても、アーティスト、エンジニアの音楽にかける情熱を目の当たりにするのは良い経験ですよね♪

レコーディング終了は22時。

午前中から始まったので1日がかりの作業となりました。

学生からは「流れがつかめて良かったです」との声も上がってました★

PCに向かっているだけではわからない現場の雰囲気を肌で感じることのできた課外授業になりました!


>>音楽業界の事が良く分かるバンタンの学校説明会はこちら[東京校] [大阪校]


次の記事を見る

前の記事を見る

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

VantanStudentCreators

WSコース

AFC_8th

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • VantanStudentCreators
  • WSコース
  • AFC_8th
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP