MENU

[全日制]パーソンズ美術大学ジュリア・ゴートン講師特別ワークショップに密着☆ 【 バンタンデザイン研究所blog 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.02.06東京大阪

授業/特別講師/講演会

「グラフィックデザインを20年以上教えています」とパーソンズ美術大学のジュリア・ゴートン講師。

パーソンズ美術大学は、ニューヨークにあるアート&デザインの私立大学。

卒業生には、マーク・ジェイコブス、アレキサンダー・ワン、ダナ・キャラン、トム・フォード、アナスイなど……!!

ファッション業界のリーダーを、数多く輩出しています!

ワークショップを受講するのはファッションプロデュース学科&メンズスタイルプロデューサー学科の学生たち♪

今回の講座は、ニューヨークで教えられているものと同じ内容なんですよ♪

ジュリア講師
「この前、渋谷でとても驚くことがありました。ある女の人とすれちがった男性が、突然彼女に話しかけたんです。どうやら彼女のヘアスタイル、カラーについて聞いていたみたい。そうした情熱は、素晴らしいですね」

「今回のプロジェクトは、恵比寿駅で、人々を“Observe”“Sketch”“Note taking”してもらいます。」

観察し、スケッチし、ノートをとる。

さらに……

ハット、ヘア、トップス、ボトムス、アクセサリー、バッグ、シューズ、メイクアップ、小物のカテゴリー別に調査します。

2人1組となり、「男性のハット」「女性のトップス」「トランスジェンダー(ユニセックスの人)のバッグ」など、好きなカテゴリーをチョイス☆

20分間で、できるだけ多くのデザインをスケッチします。

また、気になるアイテムを持っている人には声をかけ、詳細を聞くというお題も!

ジュリア講師
「駅には毎日行くだろうけど、よ~く注意をはらってね。見て、書いて、カメラで撮影して。You need to understand people (人を理解するのよ)」

さぁ、いざ教室の外へ!

まずは、アイテムスケッチから。

あるチームは、授業の内容を説明し、アクセサリーを見せてもらうことに大成功! 通りすがりの男性も、気さくに話をしてくれました!

「このリングはヴィンテージです。ミリタリーのワシマークが入っていてお気に入りです」

また、他チームも……

「このクラッチは、アンティークショップで買ったんですよ」とブルーヘアの女性と楽しく会話していました。

なんと、彼女もバンタンデザイン研究所の学生♪

教室に戻った学生は、大きな画用紙に、「男性」「女性」「ユニセックス」のボディラインをなぞり書き。

ここに、調べてきたアイテムを、パーツごとに書き込みます。

様々な形のアイテムが勢ぞろい!

ジュリア講師
「すべてを見て、一番インスピレーションを得られるアイテムを決めてください。自分たちが調べたアイテムでなくてもOK。そこから、1つのブランドを想像しましょう。ブランドの名前には、東京の地名をつけてください。例えば…… SHIBUYA BAGとか。名前を決めたら、企業概念、ブランドの意味、ターゲットなどを考えて」

ザックリとした課題に、悩む学生たち。

ブランドに地名をつけるって、どういう意味なんだろう……?

企業理念って……?

ジュリア講師
「これは『終わらせるプロジェクト』。ブランドが作られる過程を知って欲しいの。あなたのコンセプトが間違っているか、合っているかは誰にも分からない。むしろ、間違えていいんです。やり遂げることが大切ですよ」と励まします。

「間違えていい」と言われてから、学生たちの姿勢が変わりました。

ジュリア講師に質問したり、意見を言ったり……

みんな、熱心に取り組んでいましたよ!

答えがないワークショップを体験することで、いつもとは違う発想法を身につけることができたようです!


>>バンタンの学校生活が良く分かるオープンキャンパス・学校説明会はこちら[東京校] [大阪校]

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP