MENU

インテリア学部:物販店プレゼンテーション!【バンタンデザイン研究所blog】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011.06.13東京大阪

授業/特別講師/講演会

 

皆さんは、「4×4(よんかけるよん)の家」って、ご存知ですか

神戸市垂水区に実在する、4階部分が突出した家。建築家、安藤忠雄氏が設計しています。

 

今回のプレゼンテーションのテーマは「物販店」

この「4×4(よんかけるよん)の家」の形をどう活かしていくか、が課題だったんです☆

学生たちは、ロケーションと業態をそれぞれ3つの選択肢の中から選びます。

ロケーション→麻布十番、南青山、代官山

業態→スイーツ、オーガニックコスメ、アートギャラリー&デザインショップ

 

「麻布十番×オーガニックコスメ」を選んだ吉村くんは
「化粧びんの中」をイメージして店舗をデザイン

光を多く取り入れる構造、透明感のあるカーテン、ガラスのショーケースなど、
細部へのこだわりが感じられるデザインでした

 

先生方からの講評は…

「発想はとてもいいと思う。もっともっとラフなスケッチをして
練習を積めば、イメージを形にする力がつくよ。」

「装飾に力を入れてるのは評価できる。次は、『空間作り』することを意識しよう。」

と温かいアドバイス

 

緊張感に包まれながら、どんどんプレゼンは続いていきます

 

プレゼンが終わった生徒は、「やり切った~!!」と安心の表情

中には「昨日徹夜で模型を仕上げたんです…」なんて生徒も

みんな、全力を注いで自分のイメージを形にしていました☆

実際にあったら行ってみたいな、と思わせる店舗デザインばかりだったもんね(^^)

 

 

 

そして・・・ラストは、いよいよ最優秀賞の発表

 

最優秀賞に選ばれたのは、山路くんの「南青山×スイーツ」の作品でしたーーー

自分が選ばれると思っていなかったから・・・と、びっくりしてたけど嬉しそう

「今回の課題は、自分のペースでスケジュールを組んでしっかり進められたと思います。
次からも、このペースを守って、完成度の高いものを作っていきたいです

とコメントしていました。

最優秀賞、おめでとうございます

山路くんの作品がコレ!!都会的な雰囲気が香る、ショコラハウスを手掛けました!!
1階はイートインスペース。2階はチョコレート売り場。3階はショコラティエの作業場をイメージしたんだって

また、3階にはトリュフチョコのモチーフを巨大化させて展示。
トリュフチョコを半分に切断し壁にくっ付ける、という斬新な発想が異彩を放っていました

お店の「シンボル」を作ることには、他にも意味が!

3階はガラス張りになっているから、外を歩いている人からもこの「巨大トリュフ」が目に入るんですよね♪
リアリティと商業性を兼ね備えたモダンなデザインに、先生達も感心した様子でしたよー

 

「少し『要素』が多すぎるかもしれない。
余分なものをもっと取り払っていくと、より洗練されていく。」

「もう少しメリハリをつけた表現ができると良いね。
こういうデザインっていうのは割と定番で、いまいち新鮮味には欠けるな。」

 

などのアドバイスももらっていたので、次はもっとブラッシュアップされて
完成度が増した作品になること間違いナシですね

 

最後は、講師一人ひとりから全員へのアドバイス☆

 

大縄講師の

「足を使って、いいデザインをいっぱい見て下さい。
そうすることで、自分の美意識を高めていって下さい。」

という言葉が印象的だった~

学生のみんなも、先生方のアドバイスに聞きいっていました

 

「世の中にインパクトを与えるデザイン」を生み出すには、
評価されているデザインから学ぶことが不可欠なんですね


>>インテリアデザインの事が良く分かるバンタンのオープンキャンパス・インテリア業界説明会はこちら

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP