MENU

[全日制] ナチュラルメイクなのに個性的!ヘアメイク学部1年生 初の作品審査プレゼンテーション!【バンタンデザイン研究所blog】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.08.07東京大阪

授業/特別講師/講演会

ヘアメイク学部 メイクアップアーティスト1年生(基礎科)も、今回、初めての審査会でプレゼンテーションを行いました!

テーマは「ナチュラル・メイク」。

今年の4月に入学してから約3ヶ月間学んだ技術を生かして作品を撮り、それをもとにプレゼンテーションします(^^)

プロジェクターで映された作品をもとに、学生のみんなや、審査員の前で発表する緊張の一瞬です。

「ナチュラル・メイク」と言っても、その捉え方はさまざまで、さらにモデルさんの個性によっても作品は変わってきます。

すっぴんのような美しさを追求した作品。

音大の女子学生をイメージした作品。

大人っぽさのなかにある愛嬌を表現した作品など。

なかには、「サディスティックな女性のナチュラル・メイク」を作品にした学生も!

バラエティに富んでいて、おもしろいです!

プレゼンテーションにも個性が光ります☆

「プレゼンとは、相手の五感を刺激するもの」と審査員の先生がおっしゃっていましたが、

「性同一性障害の女性」というコンセプトをストーリーのように語りかける人、

BGMを流しながら気合いの入ったスーツ姿で発表する人など、印象的なプレゼンも見受けられました!

そのようななか、見事優勝に輝いたのは、ナチュラル・メイクというテーマから、「ガール」をコンセプトに制作した湯屋華香さん。

「私のなかで『ガール』とは、大人になりきれない、わがまま、意志の強い、人形のような…といったイメージがあり、それを表現しました」と湯屋さん。

少女のほんのり赤い肌を表現するためチークを横長に塗って、頬を火照った感じにしたり、人形のような感じを出すために、前髪をつくったりと、

自分のイメージをしっかり作品に落とし込みました。

その完成度の高さと、作品と合致したわかりやすいプレゼンが総合的に高く評価され、今回の優勝に結びつきました。

堂々としたプレゼンテーションでしたが実は人前で話すのが苦手という湯屋さん。

「自分の考えを伝えるために、たくさんイメージを使った資料を用意しました」とのことです。

なるほど、プレゼンは工夫次第なんですね。

「ヘアメイクで自分の世界観を伝えていきたい」と湯屋さん。

今日の受賞を励みに、ますます頑張ってほしいと思います。

今回、惜しくも受賞を逃したみなさんも、「ヘアメイク技術の成長ぶりは、目を見張るものがあった」と審査員の先生は語っていました。

次の審査会では、どのような激戦が繰り広げられるのか?

今からとても楽しみです!


>>ヘアメイクの事が良く分かるバンタンの学校説明会・ヘアメイク業界説明会はこちら[東京校] [大阪校]

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP