MENU

[全日制] デザイン学部の校外実習!プロダクト&マテリアル授業にて「猿江ガラス」工房見学へ!【 バンタンデザイン研究所blog 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.01.23東京

授業/特別講師/講演会

デザイン学部の「プロダクト&マテリアル」という選択授業では、色々な素材について研究しています。

 

今回のテーマは「ガラス」。

 

とても身近な素材ですが、どんな風に作られているかは意外と知らないもの。

 

工場見学前……。
授業中に、ガラス作りの動画もチェックして準備万端!


今日は、本物の現場へうかがいます!

 

お邪魔したのは、住吉駅からほど近い株式会社猿江ガラスさん。

 

_DSC7058.jpg

 

実はここ、バンタンデザイン研究所OBの境 悠作君が卒業制作でご協力をお願いした工房さん!
そんなご縁もあって、快く見学を引き受けてくださったんです!


到着したときは、昼休み。

 

職人さんと、積極的にコミュニケーションを取る学生たち。

 

_DSC7093.jpg

_DSC7117.jpg

 

なかには、学生たちと同年代の職人さんもいましたよ!

 

いよいよ、実施に作業されている現場へ!

 

大きな窯は、ガラス用の溶解炉で「るつぼ」と呼ばれています。

 

_DSC7073.jpg

 

中には、液状ガラスが保存されています。
この大きな窯から、鉄の棒で液状ガラスをすくいあげ、小さい窯で製品を仕上げます。

 

_DSC7082.jpg


職人さん
「窯の温度は、1330度くらいまで上がるんです。今は1150度くらい」

 

窯の近くは、本当に暑いっっ!

職人さんは、半袖に、目を守るためのサングラスやメガネ。

 

_DSC7167.jpg

_DSC7308.jpg

 

その姿に
「か、かっこいい……」
と、みんな感動していました!


これぞ、長年の職人技。
学生たちと会話をしていても、作業している手先は寸分の狂いもありません。

 

_DSC7335.jpg


また、作業中は、複数の職人が連携をとっている姿も印象的でした。

 

_DSC7142.jpg


導線を考えながら、動いているそうですよ。


色が混ざる瞬間を見守り……
徐々に形ができあがっていきます……!

 

_DSC7177.jpg

 

最初の段階では グニャグニャだったガラス。
切る時は、普通のハサミで簡単に切れるのに落ちた瞬間は、「からん」という音を立てて……
あっという間に固体になっているんです!

 

_DSC7351.jpg

 

職人さん

「最近は、『こんな商品を作りたい』という相談も3Dデータで送られてきます。

3Dなら、どんな形でもデザインできますが、どこまで実現可能なのかを考えなければなりません。
仕事でオーダーを受けても、実現できないものもあります」

 

というリアルな実情も教えてくださいました。

 

学生

「職人さんも、どういう手順で作らなくてはいけないか、いつも頭に入れて仕事をしているとおっしゃっていました。

それはデザインにも通じるところがあるなと思いました」

 

職人としてのこだわり
仕事の進め方
ガラスの成り立ち……


モノ作りの現場で、多くのことを学ぶことができました!

 

_DSC7390.jpg

 

 

 
>>バンタンデザイン研究所のイベント・学校生活のことが良く分かるバンタンの体験イベント・セミナー情報はこちら[東京校] [大阪校]
 

 

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP