MENU

[全日制]シャツに特化した展示会「シャツトキヲク」展開催@原宿coromoza!!【 バンタンデザイン研究所blog 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.11.21東京

イベント

天井からつるされたシャツ、シャツ、シャツ……!

 

_DSC4759.jpg

_DSC4810.jpg

 


ようこそ、「シャツトキヲク」展へ!

 

_DSC4745.jpg


今回の展示会では、WSデザイナー・スタイリストコース本科生と、インテリアスタイリスト本科生が
それぞれの視点から「記憶」をとらえ、シャツを制作し、空間の中に表現しました。

 

「12人で、形のないものを形にしました。インテリアチームと一緒に動くのも初めでです」

と榊原さん。

 

デザイナーの卵たちに、作品のこだわりをインタビューしました!

 

松田君のこだわりは、シンプルなパターンに、こだわりのグラフィックをプリントしたこと。
「昔聴いていた音楽を聴くと、その時のことを思い出します。
記憶に残っている音楽、曲のCDジャケットを散りばめたグラフィックをプリントし、
シャツの襟、袖、ヨークにほどこしました。
インクジェットプリンターは、最近、ストリートで用いられている技法です。
でも、プリントするのに1mあたり7000円かかるんです。最低でも3mは必要で……」

 

_DSC4726.jpg


アルバイトをしながら、寝る間を惜しんで作品作りに励んだそう。


「今週は2日くらいしか寝てないです。就活の面接を終えて、

シャツを搬入しました。1日が24時間だと足りないです」

 

と、笑います。

 

フランス語で「君とともに」を意味する『Avec toi』。
デザイナーは君さん。

 

_DSC4670.jpg

 

「親子でペアルックにしたいと思いデザインしました。
1970年代に流行したサファリルックに、花柄を取り入れています。
子供服も大人用と同じデザインで、親子で同じ思い出を作り共有できます」

 

『hia』デザイナー日高さんが注目したのは、古くから日本に伝わる「背守り」。

 

_DSC4685.jpg


「昔、服は反物で作られていました。子供のは一反で作るため、背中に背縫いがありません。
縫い目がない=『目がない』ということで、背中から魔物が入り、
魂がぬけてしまうと信じられていたそうです。そこで、母親は背に縫い目をつけて『魔除け』にしたそうです」


独自の着眼点から、シャツを作った日高さん。
「お母さんが子供を思う、これも大きな意味での記憶かなと思ったんです。
幸せに暮らしていけますように、そんな願いを込めて、大人にも子供にも背守りをつけました」


『Cagbl』デザイナーの桑幡さんは、イギリスのヨークシャー地方を訪れた記憶をシャツに。
「イギリスの伝統的な『スモッキング刺繍』を、子供は胸元に、大人はウェスト部分に入れています。

講師にチェックしていただいた時に『カントリー調すぎる』という指摘されたので、大人のシャツには透け感を足しました」

 

_DSC4658.jpg

 

とても濃い記憶なので……と振り返ります。

 

榊原さんのブランドは『GHEEGI』。

「背中のプリーツ幅は3cm、1cm、3cmとランダムです。プリーツがなびく様子は、途切れ途切れに思い出す記憶になぞらえています。

特定の記憶ではなく、見た人に解釈を委ねたいと思います。シャツを見て、その人が何かを思い出したり、記憶が呼び起きれば嬉しい」

 

_DSC4769.jpg

 

シャツを吊すリボン、配置、細かな棚はインテリアスタイリスト本科生が制作したもの。

インテリアスタイリスト本科柏田君の「ブルーライト」が静かにシャツを照らします。


LEDの白い光と、廃材の色合いが調和し、海を連想させる優しい光でした。

 

_DSC4692.jpg

 

 

受注展示会は無事に終了!!

この展示会の経験は、学生たちにとってかけがえのない記憶となることでしょう♪

 

 


>>バンタンデザイン研究所のイベント・学校生活のことが良く分かるバンタンの体験イベント・セミナー情報はこちら[東京校] [大阪校]

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP