MENU

テキスタイル授業★手軽にできるオリジナルのステンシルに挑戦!【バンタンデザイン研究所blog】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.01.23東京大阪

授業/特別講師/講演会

ショッププロデューサー専攻の学生たちが
テキスタイルの授業で、ステンシルにチャレンジしましたhappy02

紙や金属板を切り抜き、図柄をつくって刷り出すのですが
図柄は各々授業までに作って用意してきました★

スタンダードな文字からお花のモチーフ、ペンギンや鷲などの
動物まで、図柄はさまざまでしたが、細かい部分までしっかり
切り抜かれていて、みんなとっても器用ーeyeshine

さっそく、久保講師がステンシルのお手本をみせてくれました。

0001_DSC6904.jpg

1.まずは、スプレーのりを図柄にふきつけますdash
このときのポイントは、紙全体に薄めにしっかりつくように。
ニットなどに行う場合は、生地が伸びやすいので、キレイに広げます♪

2.ステンシルしたい場所に、図柄を乗せます。
浮いている部分があると塗料がはみ出てぼやけてしまうので隙間なくキッチリと!

3.ビニール袋を図案の周りに貼っていきます。

0063_DSC6998.jpgのサムネイル画像

4.スプレーが回りに飛ばないように、ダンボールなどで
枠をつくってその中で、スプレーを吹き付けます。

0110_DSC7059.jpg

色を変えたり、濃さを調節するため何度か繰り返し、乾いたら
アイロンをかけてフィニッシュhappy02

久保講師
「白のスプレーを使う場合は、色がのりにくいから
スプレー→乾燥→スプレーというのを3、4回繰り返してね。
白系のものに濃い色の時は、量が多すぎるとにじんだり
染みたりしてうまく絵がでなくなるから、注意してね。」

とアドバイスをもらったところで、学生たちも実践してみます!

0047_DSC6975.jpg

マスキングをするのに、ビニールを図柄より大きく切りすぎて
やり直していたり、のりをつけすぎてベタベタになったり・・・と
苦戦している学生もbleah

0017_DSC6930.jpg

スプレーをするところで学生みんな
「何色にしよう・・・despair」とかなり悩んでいる様子sweat01

「色を途中で変えてグラデーションにしたいんです。」

「部分的に色を変えたいけれど、どうしたらいいですか?」

と、講師に続々と質問が飛んでいました。

 

実際に出来上がった作品たちはこちら!

0092_DSC7037.jpg 0115_DSC7065.jpg

「はじめてにしては、上出来!」

と久保講師も褒めてくださいましたhappy01

ステンシルは、大量生産をするのは難しいけれど
ムラ感や手作り感を楽しめたり、グラデーションが入れられたりする
プリント方法。材料もそろえやすいし、手軽にできるので
これからも活用できそうですねshine


>>ファッションビジネスの事が良く分かるバンタンの学校説明会・ファッション業界説明会はこちら[東京校] [大阪校]

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP