MENU

アートディレクター えぐちりか講師☆特別授業【バンタンデザイン研究所blog】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.01.09東京大阪

授業/特別講師/講演会

今日は、ハイスクール1年生を対象にスタートした
アートディレクター・えぐちりか講師のトライアルワーク授業の
様子をレポートしますhappy01

えぐち講師に指導していただくのは、1月末までの6回授業。

2012_1214_0042.jpg

ヘアメイク科の学生たちがそれぞれ、
自分のサロンを立ち上げるという課題なんです★

2012_1214_0036.jpg

まずは、サロン名・ターゲット・場所・コンセプトを決めて、
そのあとに、サロンのポスターをデザインするというもの。
ポスターの中には、サロン名のロゴはもちろん、
コンセプトのコピーも入りますflair

学生たちにとっては、ポスター制作という
グラフィックの作業もまったく初めての話eye

この日はその初回ということで、えぐち講師のお仕事について
これまでの歩みや、仕事の流れ、作品をご紹介いただいて
グラフィックやコピーの作り方を感じてもらうという内容ですwink

まず、えぐち講師が話してくださったのは
「アートディレクションの可能性shine

2012_1214_0022.jpg

広告会社でアートディレクターとして働きながら
現代アート作家としての活動もしているえぐち講師。

最近では、ジュエリーのデザインやスポーツ選手のユニフォームの
デザインも依頼されるとのこと。

カーリングの『チーム青森』のユニフォームの依頼を受けたときには

「カーリングは心理戦のスポーツなので、とにかく強く見せたい」

というリクエストを受けて、えぐち講師は

「何かを背負って戦う人は強そう」

というアイデアを思いつき、青森の漁師さんから大漁旗を送っていただいたそうですflair

そして、その大漁旗をユニフォームの腕の部分に加えましたconfident

このプロジェクト、余った旗は応援フラッグを作って駅や街に展示したり、
応援用の手袋を作ったりして、どのように『チーム青森』を盛り上げ、
更には青森をはじめ東北全体をどのように元気にしていくか……

というところにまで広がっていきました。

2012_1214_0048.jpg

もともとは、ユニフォームのデザインというお仕事が、
こんなにも大きな企画となっていったのだそうですshine

まさにアートディレクターの醍醐味は
「何にでも形を変えられる」ということなんですねhappy01

2012_1214_0037.jpg

続いて、現代アート作家やアートディレクターの道に
進むきっかけとなった、たまごをモチーフにした食器の作品「EGG DISH」のお話や、
子どものころから料理や手芸好きだったことが活かされた
ニューヨークと東京でのドコモダケの展示「HOW TO COOK DOCOMODAKE?」、
川崎市岡本太郎美術館での、3400枚の下着で作った花畑の展示「秘密の花園」などを
紹介してくださった、えぐち講師。

2012_1214_0073.jpg

「経験の全部が仕事につながっていくんです」という言葉には
とても重みがありますthink

また2年前に出産をして、ママとしての顔も持つえぐち講師は
出産後、アイデアの引き出しがまた増えたといいますflair

最後に今回の課題に対して、学生たちに心がけてほしいこととして

「自分がやりたいことは何なのか? 表現したいことは? それをしっかり考えてほしい」
「私は見た人を楽しませ、『なるほど』と納得してもらえることを大事にしている。
とにかく来週までにいっぱいアイデアを出してきてほしい」

と、話されたえぐち講師。

初めての世界で、少々とまどいの表情を見せる学生たちでしたが
きっとこの授業を通して、新しい発見が生まれるはずですsign01
みなさん、がんばってチャレンジしてみましょうねhappy01


>>グラフィックデザインの事が良く分かるバンタンの学校説明会・デザイン業界説明会はこちら[東京校] [大阪校]

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP