[全日制]実践テクニックを学ぶ!V系バンドのライブ用ヘアメイク授業【 バンタンデザイン研究所blog 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.06.13東京

授業/特別講師/講演会

 

V系バンドに憧れを持ち、
ヘアメイクの世界に入る人も少なくありません。


そんな学生たちが学んでいるのが、
ヴィジュアルアーティストメイク本科!

 

今回はそのなかでも、
アーティストのライブで求められるヘアメイクについて
実践的な技術を身につける授業をレポートします!

 

講師は野澤文愛さん。
現役のヘアメイクアップアーティストとして、
数多くのバンドを手がけています。

 

2014_0529_0014.jpg

 

授業では、学生たちは2~3人が一組となって、
お互いにメイクし合う「相メイク」で練習し合います。

 

2014_0529_0007.jpg

2014_0529_0067.jpg

 

野澤講師によると、
「ライブ中に落ちたメイクやヘアの直し方など、
現場ですぐ生かせる技術を磨けるのが、
この授業の特長です」
とのこと★

 

アーティストが最高のパフォーマンスを発揮するために、
現場のヘアメイクの方は、
直し技術にも長けているんですね!!

 

また、ライブでアーティストが
汗をかいてもメイクが落ちないように
主にウォータープルーフのメイク用品を使うのも、
この授業ならでは。

 

「ウォータープルーフだと、簡単に落とせないので、
修正があまりできません。そこが難しい(>_<)」
と学生たち。

 

2014_0529_0058.jpg

 

熟練による正確さが求められると言えそうです。

 

ヘアメイクが完成すると、
野澤講師がアドバイス★

 

2014_0529_0021.jpg

 

「黒眼が小さい人は、インラインを入れると
白眼が目立っちゃうので
カラコンも使うといいよ。
でも、アーティストさんの希望次第。
意見を聞いてあげるのも大事」
と具体的です。

 

2014_0529_0084.jpg

 

学んでいる内容は本格的ですが、
授業の雰囲気は、とてもアットホーム♪

 

学生たちの仲も良くて、
「あの深夜番組見た?」「髪伸びたね」
というような会話をしながらも、
テキパキ作業しています。

 

そんななか、野澤講師がおもむろに
ホワイトボードにスケジュールを書き出しました。

 

「あれ?みんな、この日に撮影するって知ってた?」
と野澤講師。

 

2014_0529_0179.jpg

 

そうです、中間審査会に向けて、
作品撮りをしなければならないのです!


気がつくと、もうほとんど日程がありません(・o・)!!

 

今回の課題は、
「今活躍しているバンドの最新シングルのジャケ写」
とのこと!

 

「作品撮りだから、どんなモデルに
お願いするかもしっかり考えてね」
と野澤講師。

 

学生たちの毎日が、急に慌ただしくなりそうです。

 

でも、それ以上に
「自分の好きなアーティストを題材に、
自由にヘアメイクできるので楽しみ」
と学生(^^)

 

2014_0529_0180.jpg

 

表現できる喜びのほうが大きい模様♪

 

さて学生たちがどんな作品を創ってくるのか?
期待したいと思います!

 

 

>>バンタンデザイン研究所のイベント・学校生活のことが良く分かるバンタンの体験イベント・セミナー情報はこちら[東京校] [大阪校]

 

次の記事を見る

前の記事を見る

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

VantanStudentCreators

WSコース

AFC_9th

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • VantanStudentCreators
  • WSコース
  • AFC_9th
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP