MENU

大西トモユキ氏監修「アーティストヘアメイク」撮影実習【バンタンデザイン研究所blog】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.06.26東京大阪

授業/特別講師/講演会

 

この日はヴィジュアルメイクアーティスト学科の授業
「シチュエイションメイク」の撮影実習におじゃましました!

2012_0613_0362.jpg

「シチュエイションメイク」の授業は、決められたテーマにそって
特別に講師をお呼びし、1カ月から2カ月の期間をかけて作品を作り上げますflair

今回のテーマは「アーティストヘアメイク」

お迎えしたのは、歌手・倖田來未さんの
専属へアメイクアーティストである大西トモユキさん。

2012_0613_0324.jpg

6週間かけて、ご指導いただいた成果を発揮するべく
みんな、一所懸命に作品づくり!

そして、一人ひとりの様子を大西さんがチェック、
いろいろなアドバイスをしてくださいますhappy01

髪の毛、ひとすじが額に落ちていたり
つけまつげの糊がとれかけていたりと
とても細かなことにも瞬時で気がつく大西講師。
さすがですshine

2012_0613_0327.jpg

「髪の毛でリボンを作りたいけど、うまくできない」と
困っていた学生には、その見事なテクニックを披露flair

2012_0613_0343.jpg

整髪剤を使って、髪をトップでキレイにひとつにまとめたあと
逆毛をたててボリュームを出しながら、かわいらしいリボンにribbon

2012_0613_0353.jpg

撮影がすでに終了している学生たちも、その繊細な手の動きに
ただただ見惚れていましたconfident

「ふわふわ」というテーマで作品づくりをした学生は
最初は地毛を見せずに、すべてウィッグでヘアを作ろうとしたところ
講師から「地毛を使ったほうがいいよ」とアドバイスされ
ヘアをトップでまとめ、ウィッグをのせるカタチに変更。

2012_0613_0365.jpg

「大西先生のおかげで、とてもかわいらしく仕上がりました」と
とても満足そうに話してくれました。

また大西講師は撮影スタジオにもやってきて、
「こういうふうに撮ってほしい」とカメラマンさんに
うまく伝えることのできない学生に代わって
モデルさんへ具体的なポーズを指示。

2012_0613_0393.jpg

2012_0613_0390.jpg

「目線ありとなしを両方押さえてもらおう」
「もっとアゴひいて、目線強めのほうがイメージじゃない?」
「肩越しにカメラを見てみて。女性らしくていい感じだね」

大西講師のアドバイスで、より作品のテーマ性が伝わる
いいビジュアルがとれましたcamera

結局、この日は授業の時間を30分以上も延長して
学生たちにすばらしい指導をしてくださった大西講師。

本当にありがとうございました!


>>ヘアメイクの事が良く分かるバンタンのオープンキャンパス・ヘアメイク業界説明会はこちら

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP