MENU

みんな大好きキャンディストリッパー☆クリエイターズセッション☆ファッションデザイナー編【バンタンデザイン研究所blog】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.02.01東京大阪

入試/体験イベント卒業生高校2年生限定イベント

クリエイティブ業界に興味あるけど、
自分に向いているかどうかわからない・・・

そんな高校2年生の皆さんに向けた
クリエイティブ業界のウラ側が見れちゃうイベント
「クリエイターズ・セッション」

第3回目は、ファッションデザイナー編

ゲストにお迎えしたのは、モデルやタレントからも大人気のブランド
キャンディストリッパーのデザイナー板橋よしえさんと
Zipperモデルとして活躍中の”パチパチズ”瀬戸あゆみさん、新井みどりさんですー

「雑誌の撮影はどうやっているの?」
「デザイナーさんは撮影の時、どんな風に関わっているの?」

などの撮影時のデザイナーのお仕事のことから

「デザイナーって実際にはどんなことをするの?」
「どういう時が一番嬉しいと感じる瞬間?」

という素朴なギモンまで、いろんなお話を聞いていっちゃいます!!

まずは、Zipperモデルの瀬戸あゆみちゃん&新井みどりちゃんに
Candy Stripperの春物新作を身に纏ってもらってフォトシューティングからスタート

板橋さんに、撮影をしている時に見てほしいポイントを聞いてみると

「全体の流れはもちろん、カメラマンさんがどんな視点で撮っているか
ヘアメイクさんがどんなタイミングで入るのかなど、一人ひとりの動きにも
注目して見てほしいと思います!」

とのこと

撮影の時は、デザイナーがスタイリストとして入る現場もあったり、ディレクションという立場で、
カメラマン、ヘアメイク、スタイリストさんとゼロから作りこむことも多いのだそう(^-^)

今回のテーマは・・・

トリコロールカラーをイメージしたスタイリング
瀬戸ちゃんはスポーティに、みどりちゃんはガーリーな
イメージのコーディネートで、相反する2人を表現してくださいました

シューティングの最中には、スタイリングのポイントなどを
お話いただきましたー

二人ともめちゃくちゃかわいかったー

このとき撮影した写真がコチラ!

 

続いては、トークセッション!

すごくいろいろなお話をしていただいたんだけど、
ちょうど今は、来年の秋冬物のデザインや素材を考えているところ
なんですって

いつもどうやってデザインを進めていくのかというと・・・

「頭の中にあるものをとにかく出していくんです。100枚くらい絵を描いていって
そこからテーマを決めたり、アイテムのバランスを取っていったりします。」

と板橋さん。

パタンナーさんとの打合せや形作り、オファーを受けているアーティストさんの衣装制作や
展示会、ショー、コストのこと・・・などなど、デザインだけをしているわけではないから
会社にいると色々なスタッフから声をかけられて集中できないこともあるそう。

だから、『集中する状況をどうやって作るか』がキモになっているんですって☆

「キャンディストリッパーは、年に4回の展示会をしていて、春だけで200型くらいあります。
展示会はバイヤーさんやショップの方に来て頂いて仕入れをしてもらったり、
スタイリストやライター・編集の方は
次のシーズンの動向を見に来てくださっていますね。」

いくつ身体があっても足りなさそうなくらいいろんなお仕事をしているんですね

ブランドを立ち上げてから16年目に入ったキャンディストリッパー

この世界で生き残っていくには、
いい時よりも悪い時にどう対処するかが大事
と話されていたのですが、

「これまで、仲間との結束力を大切にして、大変なことも乗り越えてきました。
常に、製作のスタッフとお店のスタッフ、みんなが心が通っている状態なんです。」

とのこと。

みんな真剣に聞き入っています

ファッションデザイナーのお仕事のやりがいは?
という質問には

「自分の思い描いたものが形になって、それを着ている人を
見た時が、すごく嬉しいです
中でも一番嬉しかったのが、初めて作った服を着ている人を見た時!
さくらんぼ柄のパンツを履いていてくれたんですけど、一緒に作った仲間にすぐ連絡して
喜びを共有したのを良く覚えています

とのご回答。

こんな風に、今はデザイナーとして活躍している板橋さんですが
バンタン入学当時は、スタイリスト、衣装デザイナー、カメラマン、ヘアメイクさんなどなど。。。
いろいろなお仕事に興味があったのだそう

「一番初めは、衣装が作れるスタイリストさんっていいなーと思っていました。
なりたい職業がたくさんあって決められなかったので、
バンタンのサマーセミナーに参加したんです。

先輩といろいろお話させていただいたり、そこで知り合った友達と仲良くなって
みんな学校も別々なのに、よく原宿でその仲間たちと集まったりしていましたね。」

このセミナーに参加したことが、ターニングポイントになったんですね!

このほかにも、バンタン時代のお話や進路を決める時のお話、
これからのキャンディストリッパーのことなど、たくさんのお話をしていただきました

最後に、

「デザイナーに関わらず、なりたいという想いがあったら
それを諦めないという気持ちを持ち続けることが大事だと思います。
たとえば、親とか友達に反対されても、自分がどうしてもやりたいんだという
気持ちがあれば、それは伝わるし、絶対実現できると思うので
まずは一歩を踏み出すことからはじめてみてほしいと思います

と、メッセージをいただきました☆

このあと、参加者のみなさんからの質問コーナー

ブランド立ち上げてみて継続していくためのコツや
バンタンの授業で今のお仕事に役立っていることなど
参加者もデザイナーさんに直接質問できるチャンスはなかなかないので
たくさんの質問がでていましたー

参加者のみなさん、板橋さん、瀬戸ちゃん、みどりちゃん
おつかれさまでした☆

どうもありがとうございましたー!!


>>ファッションデザインの事が良く分かるバンタンのオープンキャンパス・ファッション業界説明会はこちら

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP