MENU

ヘアメイク本科特殊メイク&ボディアート専攻が、「フォーム」を使って作品撮り!国民的人気キャラクターに、繊細な人魚も登場!【バンタンデザイン研究所】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.12.16東京

ヘアメイク本科特殊メイク&ボディアート専攻の第3ターム撮影に密着!

課題は「フォーム」と呼ばれる材料を使った自由作品です。

各チームor個人の作品のこだわりを取材しました♪

 

1.jpg

 

<根津さん、森田さん、渡邉さんチーム>

「アニメ作品のキャラクターをモチーフにしました。課題のフォームとは、マスクなどに使用される材料です。

今回はフォームで、モデルさんの鼻とアゴをより立体的に作っています。」と、森田さん。

 

2.jpg

 

また、衣装にもこだわりが。

渡邉さん「ヘルメットを土台にして、円錐型のプラスチックをくっつけて色づけしました。

オリジナルなので3ヶ月ほどかかりましたが、プラスチックの造形でここまで創ることが出来れば、どんなものでも創れる!と自信につながりました。」

 

3.jpg

 

仕込みを終えて、いよいよスタジオでの撮影がスタート!

雰囲気を出すために、背景には紫の布も用意しました!

カメラマンさんが撮影したものが、画面に映し出されると……

「イイ!」と一同、大興奮。

 

4.jpg

 

モデルさん以外に、もう一人キャラクターが存在しているように見せるため、よりリアリティのある画角を模索します。

 

5.jpg

 

すると……「正直、靴は見えないから脱いでもいいんじゃないかな?」とカメラマンさんからアドバイスが。

そこでブーツを脱いでもらい、撮影を続けます。

シャッターを切っていくうちに、全員が「コレだ!」というカットにたどり着きました。

根津さんは「イメージ通りです!メイクにも、造形(アイテム作り)にも力を入れて良かった!」と嬉しそう!

シューティングが終わった後も、階段で撮影会を続けていました♪

 

6.jpg

 

7.jpg

 

続いては……

<朝長さん>

「テーマは『いじめ×音』です。

『言いたいことがあるけれど言えない』という感情をひび割れた皮膚という形で表現しました。

また、手の甲には耳がついていて、聞きたくないけれど周りの雑音が入ってしまう様子を表しました。」と、朝長さん。

 

8.jpg

 

顔は、砥石(といし)の粉末「との粉」を塗って仕上げています。

乾燥することで、自然なひび割れを演出。右は白、左は黒でコントラストを強くしたのもポイントだそう。

 

9.jpg

 

撮影が始まると……

松本講師「左側、少し地肌が見えてしまっているからカバーして。

白と黒を対比させたいなら肌色が見えないほうがいいよ。」とアドバイス。

朝長さん「入ります!」と言ってお直しに入ります。

 

10.jpg

 

また、撮影中にボサボサの髪型を、整えた髪型にチェンジ。

いくつかのパターンを撮影しながら「自分が目指している」画に近づけていました。

最終的には「上手くできたと思います!」と満足のいく仕上がりに。

 

11.jpg

 

最後は……

<井上さん>

「1年生のときからずっと人魚をモチーフにして作品を作っています。今回はピラニア×人魚がテーマです。」と井上さん。

 

12.jpg

 

人魚の下半分は、スリップラバーと呼ばれる素材で、ヒレはシリコンにオーガンジーをかませて制作したそう!

「色は、アクリル絵の具と医療用のりで付けています。

ヒレにつける海藻類にもこだわっていて、バラエティーショップでいいものを仕入れています。ちなみに、昨日は徹夜です(笑)。」

 

仕込みを終えて、撮影に入ります。

モデルさんには横になってもらいます。

また、「プロスエードドパテ」という傷メイクにも用いられるパテを使い、

モデルさんの胸につけた「人工皮膚」と地肌とのつながりを補正していました。最後の最後まで、こだわりが感じられますね!

 

13.jpg

 

ちなみに、ひときわ貫禄があったのがOB・土橋さん。

卒業生らしい細やかな作り込みで「スカル」を披露しました。在校生たちにとっても良き指標となったようです。

 

松本講師は、

「技術を使って作品を作り、現場をディレクションしていくのは特殊メイクさんも、ファッションのヘアメイクさんも同じ。

今後は、『自分はこういう画を作りたい』ということをもっと主張できるといいですね。」

とフィードバックしました。

 

ファッション業界のヘアメイク志望のコも、特殊メイクアーティスト志望のコも、

在学中からさまざまなテクニックを身につけることで、表現の幅を広げることができたようです。

 

15.jpg

 

16.jpg

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP