MENU

Asia Fashion Collection 7th プレゼンテーション審査レポート!日本代表デザイナー3組を発表!!【バンタンデザイン研究所】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.11.11東京

イベント

バンタンとパルコが毎年開催している、アジアの若手デザイナーを発掘・インキュベートするプロジェクト、「Asia Fashion Collection」。

今年で7回目となる「Asia Fashion Collection 7th」が開催されました。

今年度は台風19号の影響を受けてランウェイ審査が中止の為、プレゼンテーション審査のみでNew York Fashion Weekへ参加する日本デザイナー3組を決定します。

受賞者には、NYFWでのコレクション発表の機会のみならず、制作サポート10万円、素材・生産背景サポート、ウェブサイト制作などさまざまなサポートが贈られます。

グランプリに選ばれたのは……aNANA tih sayimデザイナー宮下奈々さん!!

 

1.jpg

 

株式会社TOKYO BASE STUDIOUS バイヤー 中根様より表彰状が授与されます。

中根様「非常に完成度が高かった。バイイングをするにあたり『成長性』を見ています。乙女心によって洋服もどんどん変わってくるのではないかなと思います。」

 

2.jpg

 

宮下さん「去年もAFCに参加しました。ショー後の交流会で、WWD村上さんに『4人だったらNYに行けていた』と言われて、めっちゃ悔しくて泣きました。今年は嬉し泣きがいいなと思っていました。良かったです!」

 

3.jpg

 

 

続いては、itoデザイナー竹中太将さん、伊藤未来さん!

 

4.jpg

 

株式会社ビームス久保田様「分かりやすいコンセプトをミニマルに表現されている。あくまでもバイヤー目線ですが、日本のビジネスでは成功する可能性があるなぁと感じ選出させていただきました。NYはまた高いハードルになると思いますが頑張って!」

竹中さん「正直、みんなのプレゼンを見ていて自信はなかったです。」

伊藤さん「皆さんの作品がとても完成度が高く、行けるとは思っていませんでした。NYでも頑張ろうと思います。」とコメント。

 

5.jpg

 

そして最後の選出者は……KTOKAデザイナー片岡シキ・カーラさん!!

 

6.jpg

 

株式会社三越伊勢丹 関根様「お布団みたいな形で表現しているのが面白い。NYでショーをされるにあたって見せ方が工夫できると思います。NYでどのような表現に昇華するのか楽しみです。」

片岡さん「ありがとうございます。ここまで、一人では絶対にこられませんでした。ずっと支えてくれた4人の友人たち、本当にありがとう。」と感謝を伝えました。

 

7.jpg

 

8.jpg

 

FASHIONSNAP.COM 編集委員/ディレクター 芳之内様

9.jpg

「皆様お疲れさまでした。おふたりの涙を見て、ファッションが大事だということを改めて感じました。

上海のコレクションを見ていると、若手のクリエイティブにとても勢いがあって、日本は追い抜かれているんじゃないかという状況になり始めています。未だまだ通過点だと思うので、これからも精進していってください。」

 

WWD JAPAN.com編集長 村上様も

10.jpg

itoのふたりが言っていた通り、ファッションマーケットは細分化した時代。自分自身の表現を突き詰めていい時代です。自分自身を出して、それに共感してもらうことでビジネスが生まれ広がっていく。そしてロイヤリティが深くなることでビジネスが大きくなる世の中です。では、何をもって共感してもらうかというと、洋服の面構え。ラックに掛かっていて、キレイだな、いい洋服だなと思ってもらえることで第一歩を踏み出すことができる。自分自身の表現と最終的な面構えと双方を追うことがとても大事です。皆さん、お疲れさまでした!」とデザイナーたちの努力を称えました。

 

バンタンの代表、石川も、

11.jpg

「ショーでは『something great(サムシンググレイト)』な形や力を見ることがあります。NYのステージに向けて気持ちをぶつけてほしいなと思います。4ヶ月ありますのでさらに進化することを期待しています。」とエールを送りました。

 

 

 

<受賞して……

「前回のプレゼンではオーガンジーだけのアイテムを提案したりと、ビジネス面を考えることが弱かったように思います。今回はより着る人の目線にたち、寄り添った服が提案できたように思います」と、大阪校卒業生・片岡さん。

また、宮下さんも「ひたすら世界観やコンセプトを訴えていた前回に比べて、今回はより『人に着てもらいたい』という想いが強くなり、より着る人視点で作れるようになりました。NYに向けて、未だまだ見せ方も変えていきたい」と、意欲を語ってくれました。

ふたりに共通していたのは、

「諦めずに再チャレンジしたこと」

「コンセプトやテーマが一人歩きしないよう、着る人の視点をより強く持ったこと」。

 

審査会後は、各国のデザイナーと、日本が誇る百貨店、セレクトショップバイヤー、ファッションメディアの方々との意見交換の場として盛りあがりました。

日本を代表する3ブランドのデザイナーの皆さん、改めてグランプリ受賞おめでとうございます。

そして、次のステージで「something great」なショーを見せてくれることをスタッフ一同期待しています!!

 

12.gif

 

13.jpg

 

14.jpg

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP