MENU

アニマルメイクの撮影授業をレポート【バンタンデザイン研究所】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.09.13東京

授業/特別講師/講演会

アニマルメイクの撮影中と聞いて、ヘアメイク学科 特殊メイク&ボディアート専攻のアトリエ教室にお邪魔しました!

 

1.jpg

 

チームごとにテーマとする動物を選んでヘアメイク・スタイリングを組み、プロカメラマンに作品撮りをしてもらうというチーム制作の授業です!

 

「まずモデルさんの顔を型取りして、動物の顔になる部分は人工皮膚で形成していきます。

素材を型に入れてオーブンで焼いて作っています。たぶん映画などの特殊メイクも同じような素材を使っていると思います」

学生の渡邉さんが素材となる人工皮膚について詳しく教えてくれました。

 

人工皮膚を触らせてもらうと、、スポンジよりも軽くて柔らかい!

立体的に盛っても重くないようにできています。

形成した人工皮膚にアクリルガッシュと接着剤を混ぜ、動物の写真を参考にしながらメイクしていきます。

撮影直前には仕上げの手直しをして、いよいよフォトシューティングへ!

 

まずはサーベルタイガーチームの撮影から!

 

2.jpg

 

学生たちのバッグの中には、お直し用のパテ、パウダー、綿棒、コームなどなど。

メイクが崩れてもサッと直せるように完備しています。

 

3.jpg

 

暑さに負けず、おしゃれな壁画前でパシャリ。

 

4.jpg

 

5.jpg

 

続いてチンパンジーチーム!

 

6.jpg

 

サーベルタイガーチームと同様、教室を出て外での撮影です。

外での撮影時は虫よけスプレーとかゆみ止めも欠かせません。

 

7.jpg

 

さらに日傘を2本用意してモデルさんの日よけに。

撮影時にスタッフの荷物が多くなるのは、あらゆる事態を想定して配慮を重ねた結果だったんですね!

 

「顔をこっちに向けて、目線は上で」カメラマンの指示に合わせてモデルさんがポージング。

撮った画像を確認して、、「おぉー!いい!」と学生たち。

 

9.gif

 

さらに撮影は続きます。

周囲に気を配り「車もうすぐ来ます!」「歩行者通ります!」とスタッフへの声かけもバッチリです!

 

最後のチームのアニマルメイクは、顔の上半分がオオカミで下半分が猿の組み合わせ!

 

10.jpg

 

「作りたいものというよりは、誰もやってないものを作りたい思いが強くて動物を2つ取り入れました」と話す学生。

テスト撮影をチェックしたら、衣装がキレイすぎたようで、学生たちが即興でカッター、はさみ、染料を使ってダメージ加工!

 

11.jpg

 

手際よくあっという間にボロボロ感が出てきました!

 

12.jpg

 

モデルはバンタンの学生だそうですが、まるでプロのよう!

雰囲気たっぷりの写真が何枚も撮れています。

 

13.jpg

 

レベルの高い作品が仕上がりました!

今後の活躍も楽しみにしています★

 

14.jpg

 

15.jpg

 

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP