MENU

FP基礎科の学生が、1日限定ショップをOPEN!審査会で輝いていた、注目ブランドとは?【バンタンデザイン研究所】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.26東京

イベント

ようこそ、一坪ショップへ!

 

1.jpg

 

ファッションプロデュース基礎科(1年生)がオリジナルショップをオープンしました。

一見すると、一坪の区画内で自由に販売しているようですが……そうではありません!実は、この日はタームを締めくくる「審査会」の日。

 

2.jpg

 

学生たちは、講師陣に、ブランドコンセプト、ターゲットの設定、デザインのこだわりから、利益についてもプレゼンしなくてはなりません。

今回は、特に目立っていたブランドのショップを巡ります♪

 

————***「はくちゅーむ」

 

3.jpg

 

「普通に、ショールームに来たような気分です」と、講師がうなっていたのが堀川さんの子供靴ショップ「はくちゅーむ」。公園をイメージしたデコレーションもユニーク。

堀川さん「ミシンが苦手で(笑)小物を作ろうと思ってスタートしました。靴に、羊毛フェルトを縫い込んでいます」

 

————***「mimi」

 

4.jpg

 

この日、外部からもお客さんが訪れていたショップmimi。韓国で買い付けたトレンドのアイテムがズラリ。デザイナー大沢さんは「mimiは、フランス語でいちばん可愛いという意味があるんです。コンセプトは『いちばん可愛い自分に出会える、絵本に迷い込んだようなブランド』」と話します。想いは人一倍強く、今回の課題が始まる前からブランドを始動させていたそう。「ターゲットは、学生から20代後半の女性。オンラインショップも運営しています」

 

————***「HIGH-KEY」

 

5.jpg

 

ラクロスチームのユニフォーム×ナイロンパーカーのトップスが看板アイテムだというHIGH-KEY。

「HIGH-KEYはHIPHOPカルチャーの影響を色濃く浮けたブランド。デザインは、けっこう時間がかかりましたね」と、齋藤さん。イメージに合わせたMVを流したり、装飾にグラフィティを用いたりとトータルでブランドの世界観を演出。

 

————***「Fety」

 

6.jpg

 

Female+Sportyが、コンセプトのFety。

内川さんは「お気に入りは、裾にレースをあしらったラインパンツ。制作はもちろんですが、いかに利益を確保するか、上代をいくらに設定するかなどが難しかったです」

 

————***「麗」

 

7.jpg

 

「リメイクだったので、作るのに時間がかかりました。仕入れは、古着屋さんか着物のリサイクルショップです」と、デザイナー宮口さん。決して縫うことが好きな訳ではない、と前置きしつつオリジナリティ溢れる和のデザインを披露。訪日外国人にも支持されそうな、鮮やかなショップを展開。

 

————***「NUFTICE」

 

8.jpg

 

自分たちの感じたものを活かしたものづくり、を心がけるNUFTICE。「UnitedAthleのボディを使っているので、モノはかなりいいですよ」と、デザイナー渡部さん。彼もまた、タームの課題のためではなく、趣味としてブランドをスタートさせていました。「一人よりも、ふたりのほうが、できることが多いから」と、同じクラスの山本さんを誘ったそう。刺繍入りパーカーやフーディーなど、ふたりの感性を活かしたアイテムが並びます。1年次の締めくくりである「修了展」にも出店予定です。

 

————***「SUPPLE」

 

9.jpg

 

「スポーツブランドの古着って、可愛いけれどデザインがワンパターン。そこに飽きた10代、20代前半のコに向けたブランドです」という着眼点が光っていたSUPPLE。ユーズドアイテムを買い付けて、一点ものにリメイク。また、このブランドは、プレス担当とデザイナー担当とで役割分担しているのもポイント。「私はインスタをディレクション。写真の世界観などを統一しています」と、PRは三本木さん。

 

10.jpg

 

他にも、……時代の空気をとらえたブランドが並びました。

 

11.jpg

 

審査した講師は「みんなが自分の世界観を表現できていて驚きました。

僕は、授業でも、一からものを作るだけがプロダクトではない、ということを伝えています。例えば、プリーツスカートのウエストにこだわりたいのであれば、なにもゼロからプリーツスカートを作ることはない。これまでの教育では、型紙をもとに布を裁断して………という教え方がほとんどでした。しかし、カスタマイズというのもひとつの立派な手法。縫うのが苦手な学生ほど『カスタム』を意識できていて、非常に評価できます」とコメント!

 

気になる最優秀賞は……「麗」宮口怜良さんに決定!

 

12.jpg 

 

一坪から、溢れんばかりの可能性を感じさせてくれました!

 

13.jpg

 

14.jpg

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP