MENU

桜芽吹く日の門出。平成30年度バンタン 卒業式レポート!【バンタンデザイン研究所】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.27東京

イベント

3月18日。

新宿文化センターにて、平成最後となるバンタン卒業・修了式が開催されました。

 

1.jpg

 

袴やワンピースなど華やかな装いに身を包んだ学生たち。みんな、とても晴れやかな表情です!

開式にあたって、バンタン取締役会長石川より祝辞が述べられました。

 

—————— 代表 祝辞 —————— 

 

2.jpg

 

バンタン代表取締役会長 石川「卒業生の皆さん、ご卒業おめでとう。

ご列席の皆様、保護者の皆様にも心よりお祝い申し上げます。

桜の蕾が開花すると春の訪れが感じられますね。つい先日、卒展が行われて、まだ興奮さめやらないという感じです。

皆さんが、人を感動させられる何かを提供できるようになったのは素晴らしいこと。

また、努力を惜しまないプロセスの中で、かけがえのない仲間に出会えたのではないかと思います。

日本の未来について考えてみると、人口減少やITがもたらす社会の変化もあります。

そんな中でも、想像力をもってクリエイティブを生み出すことはAIにはできないこと。

社会的にも、とても高い価値があると信じています。

個人的には、これからの日本が進むべきは文化大国だと思っています。

皆さんが主役となって、これからの未来を作っていってほしいと思います。改めて、ご卒業おめでとうございます」

 

—————— 皆勤賞の発表 —————— 

続いて、各スクールの皆勤賞が発表されました。名前を呼ばれた学生は、元気な声で返事をし、列席者から大きな拍手が送られました。

また、スクールを代表して

バンタンデザイン研究所からは、ファッション学部ファッションデザイン研究科 石田謙一さんが、卒業・修了証書を授与しました。

 

3.jpg

 

これまで、学生たちの成長を間近で見守ってきた講師からも、お祝いの言葉が述べられました。

 

——————  在校生送辞 ——————  

さて、式典も後半。在校生実行委員からは「ご卒業、おめでとうございます。

先輩たちは、最上級生として時に厳しく時に優しく、熱心に私たちをリードしてくださいました」

 

5.jpg

 

「そんな過ぎた日々が懐かしく思い出され、お別れする寂しさと葛藤しています」

「それぞれの進む道は違えども、このバンタンで過ごした先輩方には、強い絆が培われていると思います」

「どうか、希望と夢をたやすことなく、これまでにバンタンで学んだことを礎に新しい世界でご活躍ください」

「私たち在校生も、先輩方が築かれたバンタンの素晴らしい伝統を受け継ぎ、一生精進、努力します。ご卒業おめでとうございます!!」と、心のこもった送辞が送られました。

 

——————  卒業生・修了生代表 ——————

先日行われた卒展にて、持てる者(富裕層)、持たざる者(貧困層)の格差を表現した『strange auction』し、

ファッション部門グランプリを受賞した、バンタンデザイン研究所 亀井香澄さん、齋藤颯さん、村山莉菜さんが登壇。

 

6.jpg

 

亀井さん「バンタンでの2年という日は瞬く間に過ぎていきました。

すべてが必死で、クリエイションという正解のない作品にかける時間と労力の大きさに今でも驚いています。

撮影時間は、短いと10分、ショーは1分弱。その瞬間にかける想いが強いからこそ、達成感が味わえるということも学びました」

 

7.jpg

 

齋藤さん「さまざまなイベントに参加した経験が血肉となって、今の私を作っていると言っても過言ではありません。

セミナーでは、スタッフとして高校生と触れ合いました。イベントを円滑に進められるように1から考え、当日の運営を行いました。

思うようにいかず挫けそうになり、仲間とぶつかり涙が止まらないときもありました。でも最後には、いつも大切な仲間がいました」

 

8.jpg

 

村山さん「卒展で、私たちヘアメイク学科は『NO BORDER』というタイトルでショーを行いました。

コンセプトワークから何度もやり直しになりましたが、想いが詰まった素敵なショーになりました。言葉では表せない、笑顔と涙にあふれた最高の日々でした」

 

9.jpg

 

亀井さん「クリエイションは本当に難しいと常々感じます。しかし、助けてくれる仲間のおかげで何倍も楽しくなりました。

こんな素敵な環境を作ってくださったスチューデントアドバイザー、スタッフさん、講師の方々、

いつも真摯に私たちと向き合い、優しく根気強く教えてくれたこと、全力で一緒に走ってくださったことを忘れません。

心から感謝しています。

両親へ。私をバンタンに通わせてくれてありがとう。いつも影で支えてくれた母の偉大さは一生忘ません、ありがとう。

私たちがしんどい時に、支えとして聞いていた曲があります。

サンボマスターの『できっこないをやらなくちゃ』です。(会場中に、曲が流れて…)今、改めて、この言葉たちをかみしめ、自分の選んだ道を歩んでいくことを決意致します。

一生懸命何かをやり遂げることが、これから先の人生の糧になると信じています。卒業生を代表して、導いて下さったすべての方に感謝いたします」

 

10.jpg

 

こうして、笑顔に溢れた式は幕を閉じました。卒業生の皆さんの前途が、これからも輝かしいものでありますように。スタッフ一同、心から応援しています!(そして、また母校に遊びにきてください)

 

11.jpg 12.jpg

 

13.jpg

 

14.jpg

 

15.jpg

 

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP