MENU

大事MANブラザーズ立川 俊之さんがバンタンに来校!「それが大事2016」PV企画 プレゼンテーション【 バンタンデザイン研究所】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.09.18東京

授業/特別講師/講演会

数ヶ月にわたる厳しい学内審査を勝ち抜いた優秀作品を発表する

デビュープロジェクト「VANTAN CUTTING EDGE 2018」。

https://www.vantan.com/special/ce2018/

 

10月の開催に向けて8月末、映画映像部門の作品を選出するための

学生たちのプレゼンテーションが行われました。

場所はバンタンデザイン研究所のデザイナーズメゾン。

 

今回の作品テーマは、大事MANブラザーズバンドの名曲

「それが大事2016」のPV制作です!

1991年に発表された「それが大事」は売上100万枚を優に超え、

ダブルミリオンにせまる大ヒットを記録しました。

 

1.jpg

 

「生まれる前の曲だけど、もちろん知っている」

 

0206__DSC5191.jpg

 

 

「とても影響力のある曲で、PVを作るチャンスに

強くやりがいを感じている」と学生たちは話してくれました。

 

そしてプレゼンがスタート!

大事MANブラザーズバンドのボーカルで

「それが大事」の作詞・作曲を担当した立川俊之さんも

審査員として参加してくださいました。

 

3.jpg

 

最初に発表したのは、映画・映像学部の元木くん。

 

4.jpg

 

「自分も他人も応援する曲だと思って」と、

路上シンガーの少女と、それを応援する人たちの映像を

織り交ぜた企画を発表しました。

 

 

3番目にプレゼンをした映画・映像学部の中川くんは

娘が母に恋愛相談をするところから始まる

ストーリー仕立ての企画を発表。

 

5.jpg

 

「大事なことは、昔も今も変わらないということを

映像で伝えたい」と話しました。

 

6.jpg

 

中川くんのプレゼンに対し、立川さんは

「おもしろいと思うけれど、もっと詰めたほうがいい。

母と娘の世代は物事のとらえ方がだいぶ違うと思うけれど

その違いをしっかり描くことで、『変わらないもの』が引き立ってくるはず」

と具体的なアドバイスをくださいました。

 

 

5番目に登場したのは、デザイン本科の向井さん。

 

7.jpg

 

発表した企画コンセプトは「疾走感」です。

OLと売れないミュージシャンの男性の2人の登場人物を

想定した、洋服だけのストップモーションアニメで

PVを作るという内容でした。

 

7番目のプレゼンは映画・映像コースの武川くん。

 

8.jpg

 

インスタグラムを使う若い女性をイントロで映し、

そこから街のおじさん世代と若者世代に

「あなたにとって大事なものは?」と尋ねる

インタビュー映像へと続く内容です。

 

立川さんからは

「TVのバラエティー的な感じではなく、

ドキュメンタリー映画のように見せるといいものになりそう」

とコメントがありました。

 

全員のプレゼンテーション終了後、立川さんも含めた

審査員の話し合いにより、武川くんが最優秀賞に選ばれました。

 

9.jpg

 

どのような作品に仕上がるのか、とても楽しみです!

 

10.jpg

 

>>バンタンデザイン研究所のイベント・学校生活のことが良く分かるバンタンの体験イベント・セミナー情報はこちら[東京校][大阪校]

 

 

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP