[全日制]メイクアップアーティストとしてご活躍される佐々木美香様にインタビュー!後編【 バンタンデザイン研究所 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.03.09東京

卒業生

バンタンデザイン研究所ヘアメイク学部を卒業。

K-POPアイドルをはじめ様々な媒体でメイクアップアーティストとし活躍し、

バンタンでも韓流メイク講師として活躍中の佐々木美香さんに

入学前、在学中、そして卒業してからのことをインタビュー!

 

1.jpg

 

前編のインタビューはこちら

https://www.vantan.com/topics/blog/detail/3237.php

 

-バンタンでの経験を経て、今の自分に役立っていると感じることなどはありますか?

 

心得ですね。アシスタントとして、メイクアップアーティストとしての。

 

-社会に出てからと学生時代での、一番の違いは何だと思いますか?

 

ノリですね。

 

-ノリ!笑

 

いつも言っていました。ノリが違うんです。

私は社会人経験して「これが最後」と思って来ていたので、

無断欠席とかもしなかったですし。

 

2.jpg

 

-社会人を経験していたことは、大きかったですか?

 

年齢的にも大人になっているので落ち着いているというのはありましたね。

お仕事でご一緒する方々にも現場で言われました。

 

-現在のお仕事について教えて下さい!

 

タレントさんについているのでテレビが多いですね。

ECサイトやアイドルのコンサートなどもやります。

韓国の方、K-POPのアイドルのメイクもします。

 

-テンションが上がるお仕事ありますか?

 

私自身がK-POPのファンなので気持ちは盛り上がります。

 

-K-POPの仕事は目標にしていましたか?

 

いえ、本当にたまたまでした。

私の所属するチームに来たお仕事があって、あるグループが3週間日本にいるからってメイクすることになって。

それまではK-POPって知らなかったです。

知らなかったので、勉強しようと思ってYOU-TUBE見ていたら、そこからどんどん好きになって。

 

身近に接してみると、歌もダンスもすっごい練習して、気合が違うというか

すごく学ぶことが多いです。

それでハマッていくようになりました。

 

今は自分がすごく好きだと思う人達のメイクを出来て嬉しいですね。

 

-どのようにして夢を達成されてきましたか?

具体的なアクションあればお教え下さい。

 

ふわっとしているというか、気づいたらここまで来ていたというか。

やるしかないって気持ちでずっと来ました。

浮かれた気持ちとかミーハー心みたいなものが一切無く、地道にコツコツという感じでした。

段階を上がっていくと目標も変わってくるので、目標を少しずる上げていってという感じでした。

 

―目の前のことを誠実にこなしていったという。

 

ですね。

人一倍不器用なので、人一倍 努力しないといけないタイプです。

人と同じになれるまでめっちゃ練習します。

今でもずっと家でも練習しています。

 

―今の仕事の魅力、今の職業だから経験できる事を教えて下さい!

 

人に喜んでもらえることですね。

みんな、こんな髪型にしたいと思っても出来なかったりするんですけど、

それを私がやったりすると喜んでくれたりして。

「メイクさんにやってもらえたから、こうなれた!」と言ってもらえると嬉しいです。

 

テレビとかCMとかを意識して見るようになりました。

昔は何気なく見ていたのに、その世界に自分が関わっているんだって思うと不思議に思います。

 

テレビ見てる時など「あ、私この番組の現場にいたな~」とか思いながらテレビ見ているとすごく不思議な気持ちになります。

 

3.jpg

 

-大変な現場はありましたか?

 

プレッシャーがやばい、とかはありました。

大手の事務所の歌手グループのヘアメイクチーフで任された時は、段取りであったり指示を出さないといけないとか。

ものすごく緊張しました。失敗できないというのは大きかったです。

でも、すごく燃えたというのもありますし、この経験を通して自身がついたというのもあります。

 

-メイクアップアーティストとして活躍していて悩む時期などはありましたか?

 

結構いつも悩んでいます。

技術などに関しては永遠に終わりがないので。

流行りも変わるし、常に勉強していないといけないです。

「古いメイクしか知らない」と言われても嫌ですし、、。

いつメイク一本で食べられなくなるのかわからない、というプレッシャーは常にありますね。

 

仕事は、簡単に決まるものではないです。

一回メイクしただけでは、次に繋がらない事もありますし。

 

人脈広げて頑張らないとっていつも思っています。

 

-これからの夢や目標を教えて下さい!

 

K-POPのアイドルの子達って、このヘアーが良いとかすごい褒めてくれるんですよ。

そういうのを言ってもらえるとすごくやりがいを感じます。

なので「あなたがいい」って言ってくれる人を増やすのが目標です。

 

あとは、自分で仕事をもっと広げていきたいです。

 

-学生時代に想像していたご自身と、現在のご自身は同じでしょうか?

 

想像していなかったです。

出来たらいいなって思っていたけど、でもまさかこんな風に自分がメイクアップアーティストとして活動していると思わなかったです。

急に現場行って、そこから決まっていったので年末とかにはじめて現場行って

何も考えてなかったんですけど。

ここまで運だと思います。

 

何か少し信用してもらえることがあったりして

社会人やってたのは大きいかもしれません。

良く、経験していて良かったねっていわれるので 

 

-ありがとうございました!最後にこの業界を目指す後輩達に学生中にやっておくべき事などアドバイスをお願いします!

 

しっかり授業に出席することだと思います。

今日も、授業受けてくれていた子にアシスタント依頼したんですけど

技術というよりは、私が選んだ子は、全部私の授業に出てくれた子でした。

 

みんな何気なく授業に出席してくれていると思いますが、バンタンの講師は現役でみんな仕事をしています。

 

そういう、最低限のところがきちんとしているか、していないか見ています。

授業に出席しないってそれだけで自分の将来を潰していますよね。

 

私がアシスタントを依頼した子は、私の現場ではなくて他のメイクさんの現場です

その子は、もう私以外の人も知り合えたし、これから違う現場も呼んでもらえて違う現場に行けると思います。

「是非この子!」って私が責任持って他のメイクさんにお勧め出来るのは、遅刻しなかったり挨拶できたり、普通の事が出来るからです。

そういうことが将来に繋がると思います。

頑張って下さい!

 

>>バンタンデザイン研究所のイベント・学校生活のことが良く分かるバンタンの体験イベント・セミナー情報はこちら[東京校][大阪校]

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加