MENU

[全日制]緊迫の最終審査!『アジアファッションコレクション』ファイナルプレゼンテーションをレポート!【 バンタンデザイン研究所 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.12.05東京

授業/特別講師/講演会

この日のバンタンデザイン研究所には緊迫した空気に包まれています。

本日は、『Asia Fashion Collection 2016(アジアファッションコレクション)』 TOKYO ステージファッションショー前日のプレゼンテーションです。

 

≫Asia Fashion Collection(アジアファッションコレクション)

http://asiafashioncollection.com/

 

011.jpg

 

「ただいまから始まるのは、『アジアファッションコレクション 2016』ニューヨーク ステージへの最終プレゼンテーション審査です。

審査員の皆さんはファッションの可能性を信じ、バイヤーとして、ジャーナリストとしてご活躍されている方々です。厳しい評価も出てくるかもしれませんが、すべてはエール。われわれ実行委員会からのプレゼントであると受け止めてください」

と、株式会社パルコの溝口 岳さま。

 

019.jpg

 

今回は特別に、全ブランドのプレゼンをダイジェストでお届けします。

ここで、ファッション業界を牽引する審査員をご紹介。

 

・株式会社三越伊勢丹 婦人・子供統括部 仕入構造改革商品部

Y-A セレクト2 バイヤー 越智 伸之さま

 

023.jpg

 

・株式会社ビームス 第1事業本部 BEAMS1部 ウィメンズ課 統括ディレクター

久保田 雅也さま

 

025.jpg

 

・株式会社TOKYO BASE STUDIOUS BUYING MANAGER

熊沢 俊哉さま

 

027.jpg

 

・Fashionsnap 報道部 部長

小湊 千恵美さま

 

029.jpg

 

・WWDジャパン編集長代理

村上 要さま

 

030.jpg

 

審査員のご紹介が終わると、早速、各ブランドのプレゼンテーションが始まります!!

 

 

——— SIMANUD

——— 斉藤 大也(バンタンデザイン研究所X-SEED)

 

斉藤さん 「今回はファッションの輪郭をテーマにしています。アート作品や建築的要素をデザインに落とし込みました。女性彫刻家バーバラ・ヘップワースの作品は、丸みがありぽってりとした形が多いです。彫刻の固さを消し、あえてポップな色味にデザインしました。芸術やカルチャーに興味がある女性に着てもらうのが目標です」

 

042.jpg

 

プレゼン後は、審査員たちがコレクションをチェック!

プロたちの真剣なまなざしが作品に注がれます……。

 

越智さん 「プライスは?」

斉藤さん 「ウールパンツは10万円で、ニットは12〜13万円です」

越智さん 「なるほど。百貨店ですと、ラグジュアリーに近い価格ですね」

村上さん 「個人的には、意外と表層的だなと感じます。直接的なモチーフを乗っけておしまいに見えるのは残念。もっと、色々な可能性を探ってもいいのでは?」

 

056.jpg

 

058.jpg

 

 

——— Fumiku 

——— 林 史佳(バンタンデザイン研究所)

林さん 「Fumikuは少し違和感があるポップでシュールな服を作っています。今シーズンは特別なテーマを設けず、いいと感じたものをコレクションに落とし込みました。服で毎日が刺激的で楽しくなるといいなと思うので素直な感覚を大事にしながら服を作りたいです」

 

118.jpg

 

121.jpg

 

越智さん 「ショーピースとコマーシャルピースの違いだと思いますが、とんがり方を間違えると、面白いで終わってしまう」

 

129.jpg

 

 

——— SHOTARO KiSi 

——— 岸 翔太郎(バンタンデザイン研究所X-SEED)

岸さん 「テーマは反抗期です。不良的な悪さやパンク、暴走族を洋服に反映しています。反抗期の膨大なエネルギーを、ダメージ加工やブリーチで色を落としたりして表現しています」

 

170.jpg

 

172.jpg

 

久保田さん 「個人的には、パンクならパンクだけにしぼられているほうが分かりやすいと思いますが、あえてミックスするのが新しいと捉えられると思います」

 

190.jpg

 

 

——— BEHIND

——— 武内 明(バンタンデザイン研究所)

武内さん 「マンハッタンをはじめ色々なエリアへ足を運び、いいと思ったものをオリジナルテキスタイルにしました。ファスナーワンピースは、ファスナーが外れる仕様になっていて位置をズラすことで違和感を感じさせています」

 

207.jpg

 

203.jpg

 

越智さん 「リサーチ力が素晴らしい。アプローチと作ったものにブレがないですね。素材は、もっといいもの使ったほうがいいのでは?」

 

210.jpg

 

216.jpg

 

 

——— EMIIWASA

——— 岩朝 恵美(バンタンデザイン研究所)

岩朝さん 「ラフでけだるい雰囲気にパンチのあるものを表現したいです。今回はタイのバンコクに行った時に感じたカオスな印象をもとに、柄と柄をメインにデザインしました」

 

235.jpg

 

236.jpg

 

越智さん 「初めて柄を使うということでしたが、次のコレクションは?バイヤー目線でいうとこれまでがどうで、これからがどうかというのを共有しておきたいです」といった厳しい質問も飛び出しました。

 

247.jpg

 

 

———— EARTH CRASHER2

———— 藤木 健太郎(バンタンデザイン研究所、ここのがっこう卒業生)

藤木さん「アースクラッシャー2のテーマはカスタマイズユアオリジナル。ベースのアイテムがあって、ワッペンや配置などは相談しながら自由にデザインできます。ラフなスタイルが好きなので、スウェットやデニムがメインです。お客さまと近い距離でもの作りがしたいと思います」

 

252.jpg

 

251.jpg

 

 

熊沢さん「振り切ったもの作りはいいと思うんですが、ビジネスという視点をもつことは大事ですね」

 

254.jpg

 

 

———— EVOLVE

———— 菅野 浩佑(バンタンデザイン研究所高等部)

菅野さん 「テーマは穏やかな闘争心で、コンセプトはパワードスーツです。服は傷ついた心をケアするパワーを持っていると思っています。白いマスクは自分自身を表現できていないもどかしさの象徴です」

 

265.jpg

 

271.jpg

 

笑顔でジャケットを羽織る村上さん。

久保田さん 「デザイン画は素敵でセンスがある」

村上さん 「スーツって僕の中では気持ちを高揚させたり、ドレスアップの概念がありました。だからこそ、内包的な概念に向かうのはすごく新鮮です」

 

269.jpg

 

060.jpg

 

 

———— DAIRIKU

———— 岡本 大陸(バンタンデザイン研究所X-SEED)

DAIRIKUのテーマは「田舎町から都会へ引っ越しする青年」。岡本さん自身も奈良から東京へ上京してきたそう。下着のイメージでつくったセットアップ、ヤギのレザーでできた柔らかなライダース、刺繍やプリントなどディティールにパロディを散りばめました。

 

282.jpg

 

283.jpg

 

村上さん 「描く『ナイーブな少年像』は、ありがちインスピレーション。でもそれをキャッチーに楽しくポジティブに変換しているのがいいですね」

 

290.jpg

 

294.jpg

 

 

「R.Y/S.H」山田 龍之介/Stella Huang(文化服装学院卒業生)は、インダストリアルデザイナー ディーター・ラムスのデザインの作品やメソッドから考えてコレクションを発表。ワンピースにも注目が集まりました。

 

068.jpg

 

さまざまな社会問題を題材にしたGOLOVAは、ファーを縫い合わせたベスト、毛布をベースにしたスタジャンを提案。

 

147.jpg

 

韓国代表「J.Chung」のJaesun Chung(ジェスン・チャン)は「不完全な魅力」をメインテーマにコレクションを発表。ゲイリー・ヒュームの絵からインスパイアされ、韓国の繊維街・東大門で素材を探し、リーズナブルな値段設定に。

 

099.jpg

 

香港代表「KEVIN HO」のKevin Ho(ケビン・ホー)さんは、3シーズン目のコレクションを発表。「恐れ知らず」「クール」「都会的」なモダンウーマンをイメージし、カラーコントラストが際立つデザインを発表しました。

 

222.jpg

 

台湾代表「Ceci」Cecilia  Chang(セシリア・チェン)さんは、森を回遊する都会のヒッピーをイメージ。エフォートレスで自由なイメージを、柔らかな素材を使って表現。動物や環境に優しいサステナビリティも重視しています。

 

307.jpg

 

こうして、すべてのプレゼンテーションが終了。

残すは、EBiS303にて行われるTOKYOステージ ランウェイショーのみです。

 

栄えあるNYランウェイデビューを飾るのは……?

世界中のファッション関係者が、そのブランドを待っています。

 

結果発表は10/16のTOKYOステージで発表済みですが、その裏側に迫る詳報を後日ブログで公開しますので、お楽しみに!

 

>>バンタンデザイン研究所のイベント・学校生活のことが良く分かるバンタンの体験イベント・セミナー情報はこちら[東京校][大阪校]

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP