MENU

[全日制] ウェディング本科☆フラワーアレンジメント特別授業 【 バンタンデザイン研究所 blog 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.01.06東京大阪

授業/特別講師/講演会

あけましておめでとうございます★

2014年もバンタンデザイン研究所をよろしくお願いします。


新年一発目は、ウェディングプランナー本科のフラワーアレンジメントの特別授業の様子をレポートします!

指導してくださるのは、世界的に活躍するフラワーデザイナー、山上樹一講師。

これまで生花でアレンジメントを習ってきた学生たちが最後の授業ということで今回のテーマにリクエストしたのが「プリザーブドフラワーのアレンジメント」。

生花よりも日持ちがして、繊細な美しさが人気のプリザーブドフラワーですが、崩れやすく、取り扱いが難しいという点があります。学生たちもこの日がプリザーブドフラワー初挑戦です!

まずは、山上講師が学生ひとりひとりのイメージにあわせてセレクトしてくれた花材の1本1本にワイヤリングを施していきます。

崩れやすいプリザーブドフラワーではこの下準備が必ず必要になります。

ワイヤリングが終わったあとは、花器にセットされたオアシスに活けていきます。

まずは中心にバラを。

そのあと、アジサイやグリーン、ボールやリボンなどを配置。

見栄えよくまとめるのに苦労する学生たちは講師に助けを求めます。

「みんな、ぎゅうぎゅうに活けちゃうと花材が足りなくなっちゃうよ」

「葉っぱの入れ方で、大分印象が違ってくるからね」

アドバイスとともに、講師がちょっと手を加えてくれるとぐっとバランスがよくなります。

そして完成!

学生たちそれぞれの個性が感じられる美しいアレンジメントが仕上がりました。

続いては講義の時間です。

「実際にウェディングの現場でヘッドドレスやブートニアが壊れるということがあるけど。そういうときに今回習ったワイヤリングの技術があるととても重宝されます」

「今回、僕がみんなのイメージで花材を選んだように、就職したら、みんながウェディングの現場でお客さまのニーズに合わせてドレスや花や様々なものを提案していかなきゃならない。『人を見る』ということが大事。臆せず、自信を持ってね。」

また現役プロとして、ウェディング業界をよく知る講師は、学生たちのそれぞれの就職先に関するアドバイスもしてくださいました。

「がんばるんだよ。同じ業界で働いているんだから何かあったら遠慮なく言って」

と最後に温かい言葉を贈ってくれた山上講師。

素晴らしい講義をありがとうございました!


>>ブライダル・ウェディング業界の最前線が良く分かるバンタンの学校説明会はこちら[東京校] [大阪校]


次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP