MENU

[全日制] テイクアンドギヴ・ニーズ講演会「オートクチュールデザインの考え方」 【バンタンデザイン研究所 blog】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.10.25東京大阪

授業/特別講師/講演会

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズより人事部マネージャー佐々木様

オートクチュールデザインチーム フラワーデザイナー柏木様にゲストスピーカーとしてお越しいただきました☆

参加したのは、ウェディング基礎科、ウェディングプランナー本科、ウェディングプランナー専攻の学生たち。

佐々木様

テイクアンドギヴ・ニーズは1998年にスタートしたブライダルの会社です。現在はプランナー、フラワーコーディネーター、本社部門など合わせ、社員は約1500名です。式場のスタイルは大きく分けて、ホテル、専門式場、レストラン、がありました。私たちは、決まりきった形にとらわれず、お客様に寄り添った人生最高の結婚式を創るため、一件家を完全貸切りする「ハウスウエディング」提案しています。現在の直営店舗は、全国61店舗(87会場)です。」

ゲスト全員の「心が一つになる最高の瞬間」を創りだすため、一人の担当者がお客様と全ての打ち合わせから当日も仕切る『1顧客1担当制』を行っています。どういった世界観が好きなのか、結婚にいたるまでどんなデートを重ねてきたのか……どんな思い出や絆を大事にされているのか、お客様と深く関わり、お客様らしさをくみ取り、結婚式創りに生かします。お話の中から、サプライズ演出や会場装飾のヒントを見つけ『オートクチュール』の方向性を見出していきます。たった数時間の目に見えない時間の為に、お客様は数百万円のお支払いをされます。一生に一回の最高の瞬間を期待し、信用し、任せてもらっているのです。責任が重い分、やりがいの大きな仕事といえます。」

続いてはフラワーデザイナー柏木様のお話へ……

柏木様

「幼稚園の頃から、お花屋さんになることが夢でした。農業高校の園芸科を卒業後、地元のお花屋さんのアルバイトとしてスタートし、社員になりました。姉妹店で店長も4年ほど務めましたが、月日が経つにつれ、何かもっと新しいことができないかな、と思いウェディングの世界に。1つのミスも許されませんし、責任も重いですが、パーティが終わるごとに感動します。あるご新郎様が、ご新婦様にジュリアというお花をサプライズでプレゼントされたことがあって……後日『女の子を妊娠したので、子供にジュリアとつけようと思います』とお手紙をいただいたこともあります。人の人生に、ここまで深く入り込める仕事は、なかなかありません。」

3年間で約300組を担当し、上海支社に勤務。

1000人規模の結婚式の演出や、中国でおめでたい色とされる赤を使ったフラワーコーディネートが紹介されました。

『オートクチュール』結婚式のVTRでは、まるで映画のセットのような世界がいくつも登場。あるカップルは、庭園つきレストランで、素朴なライティングに。友人たちからプレゼントされた花束をドライフラワーにし、エントランスの装飾として活用。ウェディングケーキは、お二人が大好きなパンケーキを何層にも重ねて……!

「とことんふたりが思い描く世界」が現実に広がっていました。

会場の美しさと、溢れ出る幸福感に釘付けになる学生たち。

講演会の最後には、『オートクチュール』パーティのアルバイト募集アナウンスがありました☆

佐々木様

「現場は、力仕事と細かい作業が多いです。でも、会場がどんどん変化していく様子は圧巻です。」

ウェディング業界を志す学生たちにとっては、またとないチャンス!

多くの現場体験を積み、自分たちの未来もデザインしていってくださいね(^^)


INFORMATION

http://www.tgn.co.jp/


>>ブライダル・ウェディング業界の最前線が良く分かるバンタンの学校説明会はこちら[東京校] [大阪校]


次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP