MENU

[全日制]「Valentine DJ Party」で渾身のサウンドを披露!サウンドクリエイター&音楽ビジネスコース修了イベントレポート!【 バンタンデザイン研究所blog 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.03.30東京

授業/特別講師/講演会

「1年間、お疲れさまでしたーーー!!!」

齊藤 亮司講師の挨拶で、イベントスタート!

 

先日、オシャレなイベントスペース代官山LODGEを貸し切り、「Valentine DJ Party」を開催しました。

 

20160213_VDI_009_A1S3065.jpg

20160213_VDI_060_A1S3087.jpg

 

でも、ただのパーティではありません!

今回は、サウンドクリエイター&音楽ビジネスコース修了イベントという大きな節目でもあります。

 

ミラーボールが輝き、洋画も流れて、フロアにも活気が出てきました!

フロアを盛り上げるのは、もちろん学生たちです。

 

 

トップアクトは、DJ HACHI!

 

20160213_VDI_024_A1S2977.jpg

 

DJ HACHIこと三橋君

 

「フェードイン&アウトにこだわりながらヒップホップメインでプレイしました。お気に入りは、GRABの『C’mon』。

かなりレアな曲です。ミュージックマーケットCD&LPで探し出しました。ヒップホップはアンダーグラウンドなものが多く、なかなかいいものが手に入らないんです。

なので、こういうサイトをチェックしてマニアックなものを探してます。バンタンでは、講師から現場の状況を教えてもらえたことが良かった。

音楽も、地道にやっていけば稼げるということも知りました。将来はアイドル音楽のプロデュースがしたいですね」

 

20160213_VDI_034_A1S2998.jpg

 

 

2番目は、DJ Yon Yon!

 

20160213_VDI_051_A1S3072.jpg

 

会場には、中学時代からの友だちも駆けつけました!

「サウンドクラウド見たよー!すっごい良かった♥」

そんな友だちの声援に「ありがとう!来てくれて、うれしい!」と場の雰囲気を読みながら、巧みに曲をつなげていくYon Yon。

 

音に没入して、体を揺らしながらプレイするのが彼女のスタイル。

『チョコレイト・ディスコ』や『Hello』(Martin Solveig)など、センスが光る選曲。

 

20160213_VDI_065_A1S3093.jpg

 

「久しぶりにCDでプレイしました!昔は100枚くらいCDを持ち歩いていたので懐かしいです。

今は、海外から来たアーティストのアテンドや、イベントのオーガナイズもしています」

 

所属するバンド「KOTOBA SELECT」のレコーディングも順調に進んでいるそう!今後も要チェックなアーティストです◎

 

20160213_VDI_049_A1S3069.jpg

 

……と、ここでちょっとだけ学生たちが使っている機材のマメ知識をご紹介!

★「CUE」……曲の頭出しするボタン。次の曲の頭を、フロアに聞かせないようにチェックするときに使います。

★「TEMPO」……曲のテンポを変える機能。上に押すとテンポが遅く、下にすると早くなるそう!これを操って、曲と曲のテンポを違和感なくつなげているんですよ!

 

20160213_VDI_035_A1S3002.jpg

 

 

3番目はDJ OTOBE!

 

20160213_VDI_068_A1S3096.jpg

 

「メインはポップです。正直、ジャスティン・ビーバーとかは個人的にはそこまで好きじゃないんですけどね」と笑います。

また、サウンドクリエイトソフト「Logic」で制作した、萩原くんのオリジナルヒップホップもお披露目されました!

 

20160213_VDI_013_A1S2971.jpg

 

 

クラスメイトのACTを聴きつつ。

サラダや、代官山LODCGE特製カレーを味わいつつ。

学生たちに「これから」のこと、語ってもらいました!

 

20160213_VDI_015_A1S2973.jpg

20160213_VDI_070_A1S3099.jpg

 

蓮見くん 

「これからは、作曲に専念したい。自分で発信していきたいです」

 

落合さん 

「将来は、病院で子供たちと演奏したりして音楽療法をしたいと思っています。そのために、キーボードの授業も受けているんですよ」

 

KOUTAくん 

「音楽に関わる仕事をしながら、個人での活動も続けたい。講師から業界のことをリアルタイムに学べたのが良かった。イベントに誘ってもらえたりして、繋がりもできました」

 

音楽性も個性もバラバラですが、お互いを尊重し、刺激し合ってきました。

 

これからは、それぞれの道へ……。

みんなの活躍に期待しています!

 

Don’t stop the MUSIC!

 

>>バンタンデザイン研究所のイベント・学校生活のことが良く分かるバンタンの体験イベント・セミナー情報はこちら[東京校][大阪校]

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP