MENU

[全日制]「CHRISTIAN DADA」デザイナー森川マサノリ氏講演会&ワークショップ!【 バンタンデザイン研究所blog 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.12.03東京

授業/特別講師/講演会

ブランドは何年目ですか?という問いに、
「4年目です。2015年3月で5年目になります」
と語るのは、CHRISTIAN DADAデザイナーの森川マサノリ氏。

 

0028_DSC8156.jpg

 

パリコレデビューを果たした、今大注目のファッションデザイナーです!

 

----パリコレに出展された経緯は
「5月にリシャール・ミル (時計 )やブシュロン (ジュエリー )を扱うグループ傘下に入ることになりまして、

直営店を増やしていくことと、ブランド価値を向上させるためです。

子会社なので、経営権はグループ傘下ですが、クリエイションはまったく制限されていません。

分かりやすく言えば、スポンサーがついたということです」

 

----ブランド設立までの経緯を教えてください
「皆さんと同じように専門学校を出て、東京の企業に就職しました。
最初は、販売員での応募だったんですが、なぜか企画職で採用されまして。
基本的には渡英後の会社で学んだり、社会で服作りを学びました。」

 

0033_DSC8163.jpg

 

ロンドン在住中に「CHARLES ANASTASE(シャルル アナスタス)」アシスタントを経て、
「CHRISTIAN DADA(クリスチャン ダダ)」をスタート。
当初は、Tシャツをリメイクし、地道にブランドを育てていったそう。


----ブランド名の由来は
「僕の好きなアートカルチャーのダダイズムとクリスチャン(キリスト教徒)とを合わせました。」

 

----レディー・ガガの衣装も手がけていらっしゃいましがたが、メンズに切り替えたのは何故ですか
「メンズのほうが売り上げが大きい、というビジネス的な側面が強いです」

 

----テーマ設定はどのように?
「昔は、アートから影響を受けて表現することが多かったですが、今は、割と気分ですね。
実家が刺繍屋だったので、今、刺繍やルーツを大切にしているのかも」

 

----デザインはどれくらい描くんですか?
「シーズンによりますが、ワンシーズンで100〜200枚くらい。着彩もします」

 

0007_DSC8122.jpg

 

そして、後半はワークショップを体験♪


0087_DSC8256.jpg

0091_DSC8261.jpg


雑誌や写真集のコピーを、コラージュしていきます。
ハサミで切ったり、カッターで切ったり、手でちぎったり……。
お喋りしながら40分間。自由に貼付けてまとめていきます。

 

合間に自身の作品を見てもらっている学生もいましたよ♪

 

0065_DSC8229.jpg


完成した作品にも、鋭い指摘を入れる森川氏。

 

森川氏

「世界観を持っている人は多いですが、ひとつひとつに対する掘り下げが少ないかな。

例えば、骨が好きなら骨の写真を貼っている、という印象。
もし、自分が80年代のスクラップをするとしたら、写真家から文化の色々な側面を調べます。

まとめるのはPCですが、もっともっと深堀りします。そうすると、思考の整理ができるのかも」

 

0118_DSC8300.jpg


そのエネルギーに応じるかのように、最後の最後まで
学生たちからの質問が止まりません!

 

0050_DSC8189.jpg

 

----学生時代、目標はありましたか?
「僕は、どちらかと言うと決まっていませんでした。

正直見えなくて、僕だけ取り残されていくような……でも、できることは一生懸命やっていたような気がします」

 

----森川さんの人生においてデザインに影響していることは?
「音楽と映画。日々気になったことはデザインになります。

旅行先の観光地やアート作品だけではなく、汚い町のエレベーターの色とか」

 

----自分の起源になったブランドは?
「初めて買ったのは、Vivienne Westwood。UNDERCOVERも、RAF SIMONESも好きです」

 

----在学中にしておいたほうがいいことは?
「技術を磨くというよりは……服もそうですし、熱中することを見つけるといいと思います。

ムダに感じることも、後々意外と活かされたりします」

 

----森川さんの今後の夢
「基本的には着地は決めないようにしていますが……

まずは自分のブランドを10年続かせること、あと5年で飛躍させること。

……あとは、自分のブランド以外のことも手がけてみたいですね」

 

----最後に、メッセージをお願いします!!

「今日はありがとうございました。
ビジネスをすると、辛い時もありますが、自分が適当にやっていると周りの人も適当に見ます。
苦しいことをすればしたぶん、周りの人というのは評価してくれるものです。

熱中できるものを見つけてください」

 

 

講演会の翌日、パリへ出発した森川氏。
世界で勝負するクリエイターから、自分の夢を叶えるヒントを学ぶことができましたね♪

 

 

 

>>バンタンデザイン研究所のイベント・学校生活のことが良く分かるバンタンの体験イベント・セミナー情報はこちら[東京校] [大阪校]

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP