MENU

メイクアップアーティストとはどんな仕事?やりがいや年収などを解説

職業詳細

メイクアップアーティストとはどのような職業なのでしょうか?

 

当記事では、メイクアップアーティストの主な就職先や、やりがい、年収、求められるスキルなどをご紹介します。

また、メイクアップアーティストになるための勉強方法や、取得しておいたほうがいい資格についても解説します。

 

メイクアップアーティストとは?

 

メイクアップアーティスト_01.jpg

 

メイクアップアーティストとは、テレビ、映画、舞台、雑誌などに登場するモデル、タレント、俳優などにメイクを施す専門家です。

また、ブライダルサロンやフォトスタジオなどで挙式を挙げる人 や、化粧品ブランドの専属として、コスメの広告のメイクを施すケースもあります。     

 

 

ヘアメイクアップアーティストとの違い

 

メイクアップアーティストとよく間違えられやすいのが、ヘアメイクアップアーティストです。

ヘアメイクアップアーティストはメイクとあわせてヘアスタイリングも担当する職業で、メイクアップアーティストはメイク に特化した職業です。

ヘアメイクアップアーティストは、メイクとヘアスタイリングの両方の技術が必要です。

 

 

メイクアップアーティストの仕事内容

 

メイクアップアーティストの仕事は、雑誌、広告、CM、映画、ファッションショーなどに出るモデルや俳優にメイクをすることです。

企画内容やテーマにあわせてどんなイメージのメイクがいいのか、事前に話し合いを行い、撮影当日はそれに沿ったメイクを施します。

さらに、メイクアップアーティストは撮影中も現場にスタンバイしており、メイクが汗で崩れたりしたら、すぐに対応します。

 

 

メイクアップアーティストの種類

 

メイクアップアーティストには、「メディアメイク」「化粧品メーカー」「ブライダル」「特殊メイク」など、いくつかの種類があります。

 

メディアメイクは、タレントやモデルにメイクを施す仕事です。

化粧品メーカーのメイクアップアーティストは、自社製品を使用して、自社の広告などで出演モデルにメイクを行います。

 

ブライダルのメイクアップアーティストは、結婚式場などで新郎新婦にメイクをします。

 

また、特殊メイクアップアーティストは映画やテレビ、舞台などで使われる特殊メイクを施す仕事で、

一般的なメイクアップアーティストとして活躍しながら特殊メイクの対応も行うケースが多いです。

 

 

メイクアップアーティストが活躍できる就職先とは?

 

メイクアップアーティストになるためには、ヘアメイク事務所に所属して働くケースが多いでしょう。

そのほかの就職先としては、化粧品メーカー、ブライダルサロンなど の他に、アパレル企業などへの就職ニーズも広がっています。

ある程度経験を積んだ後は、フリーランスとして独立して活躍する人もいます。

 

 

メイクアップアーティストのやりがいや楽しさは?

 

メイクアップアーティストの仕事の醍醐味、やりがいには、どんなことがあるでしょうか。

 

やりがい①メイクで人をキレイにできる

 

一番のやりがいは、やはり人にメイクをして、 その方の魅力をひきだすことができることでしょう。

プロにメイクしてもらうと、見違えるようにキレイになります。

相手の魅力を最大限に引き出せた時は、メイクアップアーティストとして充実感や喜びを感じられる場面でしょう。

 

やりがい②エンタメ業界を支えているという充実感

 

雑誌、テレビ、CM、映画などで活躍するメイクアップアーティストになれば、

多くの人々が目にする作品の作り手になるということに、やりがいを感じられるでしょう。

作品のクレジットに自分の名前が載ることもあるため、メイクが話題になれば知名度が上がり次の仕事に繋がるケースもあります。

 

 

メイクアップアーティストの大変なことは?

 

メイクアップアーティストの仕事で大変なことには、例えば次のようなことがあります。

 

大変さ①勤務時間が定まっていない

 

メイクアップアーティストの仕事は、エンタメ業界に合わせてアーティストやクライアントと一緒に仕事をします。

一般的な会社員であれば、平日の夕方には仕事を終えて、土日は休みという働き方ができるかもしれませんが、

 

メイクアップアーティストの場合、アーティストやクライアントと一緒に仕事をするのでそのようにはいきません。

撮影スケジュール次第で、早朝や深夜 まで立ち会うこともあります 。

 

大変さ②プレッシャーに感じる人も

 

メイクアップアーティストとして仕事をするのであれば、依頼した人の期待を超えて満足してもらいたいものです。

「プロにメイクを頼んだのだから」と、依頼した人の望みは自然と高くなるもの。

それをプレッシャーと感じる場合があるかもしれません。

 

 

メイクアップアーティストの年収は?

 

メイクアップアーティストを目指したいと思う人は、どのくらいの年収をもらえるのかが気になることでしょう。

メイクアップアーティストになりたてなら、年収は200万円~300万円ほど。経験を積んで責任ある立場につけば300万円~500万円前後。

 

さらに、技術を身につけ、経験を重ね、フリーランスとして独立すると、年収500万円~600万円以上も目指せるでしょう。

一般的に、企業に所属するメイクアップアーティストなら仕事と給与が安定していますが、フリーランスは仕事量も給与も実力次第で変化します。

 

 

メイクアップアーティストで求められるスキルは?

 

メイクアップアーティストには、どんなスキルが求められるでしょうか。

 

スキル①メイクの技術

 

撮影現場では、決められた時間内にメイクを終えなければなりません。

メイクを施される人の個性や顔立ちを活かしながら、的確に時間内にメイクをする技術が必要です。

 

また、求められるメイクのイメージや世界観にあわせた仕上がりにしなければなりません。

さらに、メイクアップアーティストはクリエイターであり、創造力が求められる職業です。

 

トレンドに敏感に反応しながらも、アートやファッションにも目を向け、クリエイティブなメイクアップをすることが必要となるでしょう。

 

スキル②コミュニケーション力

 

メイクアップアーティストの仕事は一人でできるものではありません。

撮影現場なら現場監督やヘアスタイリストなど大勢のスタッフと協力する必要がありますし、なにより、メイクを施される人とのコミュニケーションが欠かせません。

メイクでその人の良さを引き出すだけではなく、撮影前の緊張をほぐしたりするのも、メイクアップアーティストの大切な仕事です。

 

スキル③現場経験

 

メイクアップアーティストにとって、現場経験を積むことはとても大切です。

多くの経験を得ることで、自分がどう振る舞えば撮影がスムーズに行くのかを学ぶことができます。

 

また、撮影に参加しているタレントやアーティストはもちろん、

一緒にものづくりを行う各専門家からの信頼も得られるようになると、さまざまな現場から声がかかるようになるでしょう。

 

 

メイクアップアーティストに向いている人・向いていない人

 

どんな人がメイクアップアーティストに向いていて、向いていないのはどんなタイプの人でしょうか?

 

向いている人

 

メイクアップアーティストに向いているのは、人に喜ばれることをするのが大好きで、

かつ常に移り変わるトレンドのチェックなどを苦にせず新しいことにどんどんチャレンジしていける人が挙げられます。

また、仕事が大変であっても、それを乗り越えられる忍耐力も必要でしょう。

 

向いていない人

 

メイクアップアーティストは、ただ単にメイクが好きなだけではできない仕事です。

クライアントとコミュニケーションを取りながら、どんなメイクがいいか相談して、それに沿ったメイクを行わなければなりません。

 

 

メイクアップアーティストになる方法は?必要な資格とは?

 

メイクアップアーティスト_02.jpg

 

メイクアップアーティストに必要な資格はありません。

しかし、美容師の国家資格を取得してからメイクアップアーティストとして活躍している人も少なくありません。

 

美容師免許を持っていると、活躍できる場が広がったりするでしょう。

 

ただし、美容師資格を持っていること自体が有利に働くわけではないため、

あくまでメイクアップアーティストを目指す人にとっては必須の資格というわけではありません。

 

 

メイクアップアーティストになる為の勉強方法

 

メイクアップアーティストになるには、どんなことを勉強したらいいでしょうか?

 

方法①メイクの理論とテクニック

 

まず基本となるのが、メイクアイテムや化粧品、スキンケアに関する専門知識。

さらに人の顔がどのような造りになっているのか、骨格に関する知識も必要です。

また、実際にメイクするときの技術は欠かせません。

 

肌の色にあったカラーメイクを勉強したり、年代別や肌質に適したメイク方法なども習得しましょう。

 

③現場経験を積む

 

人気のメイクアップアーティストとして活躍している人は、たくさんの現場経験を積んでいます。

さまざまな撮影現場で仕事をすることで実績ができるうえ、人脈も広がります。

現場で出会った人から仕事のオファーが来るようになり、それが継続していくことで、一流のメイクアップアーティストへと成長していきます。

 

 

メイクのプロとして活躍しよう

 

メイクアップアーティストは、人にメイクを施すプロフェッショナルであり、

メイクによってその人の新たな魅力を引き出したり、人に喜んでもらえたりするステキな仕事です。

 

また、一度基礎的な技術を身につければ、長く活躍しやすい仕事でもあります。

メイクが好きで、誰かを喜ばせることが好きな人は 、ぜひメイクアップアーティストを目指すことを考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

メイクアップアーティストを目指すならこのコース

 

メイクアップアーティストを目指したいなら、こちらのコースをおすすめします。

 

ドラマ・映画等で活躍できるヘア&メイクの技術を総合的に学びたい人におすすめ

メディアヘアメイク総合【3年制】

 

ヘア&メイクの両方の技術を身につけたい人におすすめ

ヘアメイク専攻【2年制】

 

働きながら 週3日の通学でヘアメイクを勉強したい人におすすめ

WSヘアメイク専攻【WS 2年制】

 

短期間で集中してヘアメイクアップアーティストを目指したい人におすすめ

WSヘアメイクコース【WS 1年制】

 

 

この職業を目指すならこのコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

VantanStudentCreators

WSコース

AFC_9th

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • VantanStudentCreators
  • WSコース
  • AFC_9th
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP