MENU

[全日制]メイクアップアーティストとして活躍する卒業生 Maki IHARAさんにインタビュー!後編【 バンタンデザイン研究所 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.12.13東京

授業/特別講師/講演会卒業生

バンタンデザイン研究所のヘアメイク学部を卒業し

メイクアップアーティストとしてパリコレクションをはじめ、

世界中で発売される有名雑誌や広告など幅広く活躍されるMaki IHARAさん。

インタビュー後編では、活動をパリに移してからのこと、夢の叶え方、そしてこれからの夢について伺って来ました!

 

1.jpg

 

2007年 Makeup Artist MIHARU氏に師事
フリーランスとしても活動
2012年 独立、東京を中心に活動
2014年 渡仏、パリを中心に活動
2017年 帰国、Perle management所属

 

Official saite

http://makiihara.format.com/ 

 

前編のインタビューはこちら

https://www.vantan.com/topics/blog/detail/3129.php

 

 

-なぜパリを選びましたか?

 

フランスの雰囲気であったり、美術などもヨーロッパのものが好きだったからですね。

あと、ファッションショーの仕事が夢だったのでパリコレのバックステージに入りたいと思っていました。

 

-パリでメイクアップアーティストとして仕事をする経験はMakiさんにとって大きかったですか?

 

パリにいた期間、日本にいては出来ない経験が沢山できたので

違う場所で学べたことはとても大きかったと思います。

 

最初はアシスタントとして現場に入って、

世界で活躍されてる方々の仕事を近くで見ることが出来て

感動しました!

近くで見ると、そんなテクニックがあるんだって驚いたり

どんなプロダクトを使っているかも見れるし

トップモデルもたくさんいて、生で見れて触れられた事はとても勉強になりました。

 

そのあと自分の仕事をいただけるようになり世界中で発売される媒体など、日本にいたら出来なかった仕事もできました。

 

-パリではどのように仕事を見つけてきましたか?

 

知り合いがいなかったので紹介してもらって色んな方にお会いしました。

アシスタントの現場で出会った人たちと最初はウェブマガジンなどの撮影に参加したり、

WebsiteやSNSをみて連絡をもらったりして雑誌やキャンペーンの仕事など徐々に増えていきました。

 

 

-夢のパリコレはどのような経由で?

 

一番最初パリコレに入らせていただいたのは、緊急で人が足りないときでした。

「今日NYのメイクチームがアシスタントを探しているんですが来れますか?」と

急遽連絡をいただいて数時間後にはバックステージに入らせてもらいました。

 

その後も色んなチームのアシスタントに入らせてもらったり、チームの一員としてメイクで入らせてもらったり。

 

最初にヘッドでメイクを担当させていただいたのは、ロンドンのブランドでした。

面識はありませんでしたが、私の作品をみたロンドンのスタイリストさんが連絡をくれて。

パリでプレゼンテーション形式のショーをしました。

 

あとはテロの影響でショーをしないブランドが多い時期があったんですが、

ショーの代わりにルックブックを撮影するというタイミングで

お世話になっていたメイクアップアーティストの方が紹介してくれました。

その撮影の次のシーズンからもパリコレのショーを担当させていただきました。

人の繋がりですね。

 

-そこで良いアウトプットしたから次も呼ばれたんですね!

 

そうだと良いですね。

 

①.jpg

 

 

-今のお仕事の魅力を教えて下さい。

 

携わった作品が世にでているものを見た時は、この仕事をしていて良かったなって思います。

「この作品のメイクMakiさんだったんですか?

この作品好きだったんです!」

と言ってもらえたりするときも嬉しいですね。

 

-このお仕事だからこそ経験できた事や感動したお仕事はありますか?

 

才能のあるアーティストと一緒に仕事できたり、パリコレにヘッドとして入れたことなどです。

 

-ヘッドとしてのメイクアップアーティストの役割はどんなことをしますか?

 

ブランド側と話し合ってメイク案を決めたり、テストメイクをして試行錯誤したり、

モデルさんの人数が多いので手伝ってくれるメイクさんを集めることをします。

ヘッド!といったらたいそうなことのように聞こえますがそんなものではなく、

信頼するメイクチームに手伝ってもらうという感じです。むしろいろんな方に支えてもらっています。

 

過去に日本人のメイクの方達が、繊細で真面目な日本人としての良さを伝えてきてくれていたので。

日本人は、器用で時間を守ると知られているのもあって重宝されているのでチャンスは大きいかなと思います。

 

-大変だったお仕事はありますか?

 

大変。。。かぁ。思い出せないですね。

 

楽しんでやっていますね。

緊張することはもちろんありますけど。

悔しい思いをする事ももちろんあります。でも、気にしても仕方ないというか。

大雑把なのかな(笑)。

 

2.jpg

 

-ポジティブということですね!

 

そういうことで(笑)。

 

-これからの夢を教えて下さい!

 

この仕事を自分らしく続けていくことですね。

 

-学生時代に想像していた通りの今ですか?

 

想像していなかったです。昔は、今日一日生きることで精一杯でした(笑)。

自分が海外で生活するとは思ってもいなかったです。

 

-思っていた以上でしたか?

 

なにも思ってなかったかな(笑)。

 

-ありがとうございました!最後にこの業界を目指す子達に学生中にやっておくべき事などアドバイスをお願いします!

 

自分の好きな物や事をちゃんと知っておくことだと思います。

スタイルが分かっていると、やりたい事が見えてくると思うので。

 

あとは、遊びも仕事だと思っていっぱい遊ぶことだと思います。

映画をみたり美術館に行ったり、友達とごはんを食べに行ってコミュニケーションをとったり。

チャンスには何でも飛び込んで挑戦してみて欲しいです。

何でもトライしてみることですね!!

 

-ありがとうございました!

 

>>バンタンデザイン研究所のイベント・学校生活のことが良く分かるバンタンの体験イベント・セミナー情報はこちら[東京校][大阪校]

 

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP