安波 孝啓

ファッション学部

  • 安波 孝啓

自分が作った服を誰かが着てくれる。その事を想像するだけでワクワクが止まらない。

何気なく観たランウェイショーの動画に衝撃を受けて選んだ服作りの道。バンタンで初めてデザイン画を描いた時は、緊張で手が震えて上手く描けなかったことを思い出します。他の学科との交流で増えた、たくさんの仲間たちと一緒に将来自分の服を誰かが着てくれることを想像して、ワクワクしながらバンタン生活を楽しんでいます。

ページを閉じる