MENU

【イベント情報!】10/1(土) | 「探偵ミタライの事件簿~星籠の海~」を題材にVFXスーパーバイザー『鹿角 剛』さんが語る『映画におけるVFXの可能性』公開講座

デザイン学部 最新情報・ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.09.21東京

体験イベント

VFX、CG業界に興味がある方は必見の講座!

 

日時 10月1日(土) 15:00-17:00
場所 バンタンデザイン研究所 東京校 セッションタワー
料金 無料
定員 30名
持ち物 無し

■申込はこちらから☆

https://www2.vantan.com/form/pc/index.php5?fn=12301&gr=VDI&ge=event&svi=49591734652DADE7-3FD69A12F5F72A5D

 


 

映画やドラマで使用される、視覚効果技術VFX(Visual Effects)。

VFXは近年凄まじい程に技術が進化し、以前は予算規模の大きい映画でしか見られない高度なVFXが様々な映画、ドラマで使用されています。

どの様なシーンでVFXやCGが使用されているのか、またその制作風景や手順はどの様なものなのか?そしてVFXの未来は?

2016年6月に公開した、玉木宏さん、広瀬アリスさん、石田ひかりさん、要潤さん、谷村美月さん、出演映画「探偵ミタライの事件簿~星籠の海~」を題材にレクチャーして頂きます

 

 


 

mitarai2.jpg

 

■映画 『探偵ミタライの事件簿~星籠の海~』 予告編

 

 

 

数々の映画に携わるVFXスーパーバイザー/スタジオ・バックホーン代表の『鹿角 剛』さん

「チーム・バチスタの栄光」から、「Zアイランド/哀川翔主演」、「珍遊記/松山ケンイチ・倉科カナ主演」、そして「探偵ミタライの事件簿~星籠の海~」まで幅広い作品でVFXスーパーバイザーを担当されています。

経験豊富な現役プロフェッショナルの鹿角さんから実際の作品のメイキングを元に、映画におけるVFXについてレクチャー頂くスペシャル講座を開催です!

 

鹿角 剛さんによる「映画」と「VFX・CG」の関係性について

・VFX、映像表現の活用例について

・VFX、CG業界の現状や実情、今後のビジネスについて

・VFX、CG分野に仕事として関わるために必要なこと

 

など、貴重なお話も聞くことができるチャンスです。

 

VFX、CG業界のお仕事に興味がある方や、映画好きな方は是非参加してみてください。

 

将来のお仕事を考える、とっても素敵なきっかけになるはず!

 


▼講師:鹿角剛(かづの つよし)(VFXスーパーバイザー/スタジオ・バックホーン代表

 

kazuno-photo.jpg

 

鹿角剛(かづの つよし)
1966年生まれ。『帝都物語』『孔雀王』などのオプチカル合成の経験やプレステなどのゲーム制作などを経て、2004年にVFXを中心とした映像制作会社(有)スタジオ・バックホーンを設立。特撮・CGに精通し、VFXスーパーバイザーとして『チーム・バチスタの栄光』(2008)、『戦慄迷宮3D/柳楽 優弥主演』(2009)、『電人ザボーガー/板尾 創路主演』(2010)、『ウルトラマンサーガ/DAIGO主演』(2012)、『牙狼<GARO> -GOLD STORM- 翔 -劇場版-』(2015)、『Zアイランド/哀川翔主演』(2015)、『虎影/斎藤 工主演』(2015)、『珍遊記/松山ケンイチ・倉科カナ主演』(2016)、等の他、TVシリーズ『ウルトラマンマックス』(2005)『監獄学園プリズンスクール』(2015)などを手がける。『古代少女隊ドグーンV』(2010)では初監督も務めた。テレビ・映画での様々な視覚効果の最前線で活躍している。
 
 

■スタジオバックホーン公式サイト
http://www.buckhorn.jp/

 

■鹿角剛×映画『珍遊記』
http://cgworld.jp/feature/201603-chinyuuki-cgw212.html

 

 

講師:松崎 まこと(映画活動家/放送作家

 

松崎まことさんaa.jpg

 

映画活動家/放送作家
1964年生まれ、出身地は東京の本郷。早稲田大学第一文学部卒業後、レンタルビデオ店長、塾講師を経て、“放送作家”に。TBSラジオ「荒川強啓/デイキャッチ!」「伊集院光/日曜日の秘密基地」、TOKYO-MX「博士の異常な鼎談」「松嶋×町山/未公開映画を観るTV」、WOWOW動画「町山智浩の映画塾」などを担当。近年は“映画活動家”としても、幅広く活動。「水道橋博士のメルマ旬報」に『映画活動家日誌~“田辺系”先物買いガイド』を連載。FM栃木「FRIDAY MOVIE SHOW」などラジオやTVの番組、様々な映画イベントなどに出演。楽天カードHPで配信中の、若手監督4人を起用した短編動画プロデュース等々を手掛けている。インディーズ映画の登龍門「田辺・弁慶映画祭」には、2007年の「第1回」から参加。“映研審査員”などを経て、2014年の「第8回」からは、コンペティション部門ティーチインのMCを務めている。映画評論家松﨑健夫とのユニット“松崎ブラザーズ”では、人呼んで“松崎A”。

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP