MENU

【フォト 授業レポート!】
~フォトグラフィ学科~初回プレゼンテーションに密着!

デザイン学部 最新情報・ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.06.30東京

フォトグラフィ学科1年生たちのプレゼンテーションが行なわれました!
 
今回のテーマは『MASTERS(フォトグラファ)の中から一人を選びリサーチし、撮影を行う』です。
 
リサーチしたフォトグラファの考えを学生たちなりに解釈し、作品を制作しました。
 
_J3A0909.jpg
 
今回の撮影で使用したのはフィルムカメラです。
撮影した写真のプリントは、「暗室」という特殊な教室で行いました。

 

_J3A0860.jpg

 

作品も出来上がり、プレゼンテーションスタート。
自分が制作したリサーチペーパーと、写真について発表していきます
 
_J3A0904.jpg
 
彼女はMASTERSの「アーヴィング・ペン」についてリサーチしました。
 
「ペンの作品はシンプルな白黒写真が特徴的です。作品は白か灰色の背景で撮影されています。スタジオのライトだけではなく、自然光も取り入れた撮影方法は当時としては、斬新な手法でした。」
と説明し、シンプルな背景の真意は「モノの魅力を最大限に引き出すこと」にあると導き出しました。
 
そして、導き出した答えを元に写真を撮影していました。
 
_J3A0915.jpg
 
中には
『僕はリサーチペーパーを読みません。僕の話を聞いて興味を持った方は、後で読んでください』
と思わず聞き入ってしまう様な、手法を使う学生もいました。
 
_J3A0898.jpg
 
また、彼は作品を撮るため築地場外で働いている方に、自らアポイントをとり撮影に挑みました。
この様に、フォトグラフィ学科の学生は発想力豊かで、行動力のある学生が多く在籍しています!
 

_J3A0902.jpg

 

_J3A0901.jpg

 

真剣な眼差しで、クラスメイトのプレゼンテーションを聞く学生たち。

友達でありライバルでもある、クラスメイトのプレゼンテーションはどの様に映ったのでしょうか。

 

次回のプレゼンテーションは3カ月後。
 
年に一度の祭典、バンタンカッティングエッジの審査も兼ねて行われます。
 
いったいどんなプレゼンテーションになるのか、楽しみにしていてください

次の記事を見る

前の記事を見る

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

EVENTオープンキャンパスから体験セミナーまで
無料イベント開催中

PAGE TOP