MENU

1/19(土) | 話題作を手掛け続ける映画プロデューサー『高橋信一 』さんが語る公開講座!「映画プロデュースはこんなにも面白い!」

1/19(土) | 話題作を手掛け続ける映画プロデューサー『高橋信一 』さんが語る公開講座!「映画プロデュースはこんなにも面白い!」

東京

バンタン映画映像学部卒業生の長久允さんが監督を務める2019年超話題の映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』!ワンオク、ミスチルのドキュメンタリーまで、話題作を多数手掛け続ける映画プロデューサーが登壇!

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料

映画・映像学部

高校3年生保護者大学生・社会人

イベント申込み

日時 1月19日(土)16時~17時30分
場所 バンタンデザイン研究所 セッションタワー
料金 無料
定員 若干名
持ち物 特になし

年間で約600本近くの日本映画が公開される近年の映画業界で、映画制作が企画されるタイミングから、制作期間はもちろん、プロモーション、公開の興行収入まで、映画制作のキーマンとなるのが映画プロデューサーという職業。

映画がどの様に企画制作され、公開されるのか?映画が好き、映画の仕事に興味がある方にこそ知って欲しい映画の裏側を話題の映画を複数手掛けるプロデューサー『高橋信一』さんから学べる公開講座

 


 

 

unnamed (2).jpg

(C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS

 

今回は、バンタン映画映像学部の卒業生でもあり、第33回サンダンス映画祭のショートフィルム部門で日本映画初のグランプリに輝いた「そうして私たちはプールに金魚を、」の長久允(ながひさ・まこと)監督の長編デビュー作「ウィーアーリトルゾンビーズ」(英語表記:WE ARE LITTLE ZOMBIES)のプロデューサー他、

、Mr. Children、AKB48、ONE OK ROCK、Perfume、ナオト・インティライミなど著名アーティストのドキュメンタリー作品のプロデュースも多く手掛けている日活のプロデューサー高橋信一さんから、、、

 

・映画業界の現状や実情、今後のビジネスについて

・映画分野に仕事として関わるために必要なこと

・企画選びや、監督を起用するプロセスなど

・これから映画業界を目指す方へのアドバイスなど

 

映画業界のお仕事に興味がある方や、具体的に、プロデューサー、脚本家、演出家、監督などを目指している方も是非参加してみてください。

 

将来のお仕事を考える、とっても素敵なきっかけになるはず!

 


▼講師:高橋信一(映画プロデューサー)

 

 

1979年生 静岡県出身

岩井俊二監督の制作プロダクション ロックウェルアイズにてプロデューサとしてのキャリアをスタートする。『虹の女神』(熊澤尚人監督)、『BANDAGE』(小林武史監督)などを担当。2012年から日活にて、クリントイーストウッド監督作のリメイクである『許されざる者』(李相日監督)や『日本で一番悪い奴ら』(白石和彌監督)などのプロデューサーを務める。近作は『サニー/32』』(白石和彌監督)。公開待機に『まく子』(鶴岡慧子監督・2019年3月15日公開)、『WE ARE LILLTE ZOMBIES』(長久允監督・2019年6月公開)がある。また、Mr. Children、AKB48、ONE OK ROCK、Perfume、ナオト・インティライミなど著名アーティストのドキュメンタリー作品、『映画おかあさんといっしょ』などのODSと呼ばれる非映画デジタルコンテンツのプロデュースも多く手掛けている。

それ以外にも、MV、バラエティ番組、連続ドラマなどジャンルにこだわらず映像プロデュースを行っている。

 

 

| 手がけた作品

unnamed.jpg

(C)2018「映画 おかあさんといっしょはじめての大冒険」製作委員会

 

unnamed (1).jpg

©2014 『Fool Cool Rock! 』製作委員会

 

mig.jpg

(C)2015“WE ARE Perfume”Film Partners.

 

講師:松崎 まこと(映画活動家/放送作家

 

松崎まことさんaa.jpg

 

映画活動家/放送作家
1964年生まれ、出身地は東京の本郷。早稲田大学第一文学部卒業後、レンタルビデオ店長、塾講師を経て、“放送作家”に。TBSラジオ「荒川強啓/デイキャッチ!」「伊集院光/日曜日の秘密基地」、TOKYO-MX「博士の異常な鼎談」「松嶋×町山/未公開映画を観るTV」、WOWOW動画「町山智浩の映画塾」などを担当。近年は“映画活動家”としても、幅広く活動。「水道橋博士のメルマ旬報」に『映画活動家日誌~“田辺系”先物買いガイド』を連載。ラジオやTVの番組、様々な映画イベントなどに出演。楽天カードHPで配信中の、若手監督4人を起用した短編動画プロデュース等々を手掛けている。インディーズ映画の登龍門「田辺・弁慶映画祭」には、2007年の「第1回」から参加。“映研審査員”などを経て、2014年の「第8回」からは、コンペティション部門ティーチインのMCを務めている。映画評論家松﨑健夫とのユニット“松崎ブラザーズ”では、人呼んで“松崎A”。

イベント申込み

WSコース

SOCIALHUB -ソーシャルハブ-

Instagram

クリエイタータイプ診断

クリエイタータイプ診断

Vantan By Ru:Run

  • WSコース
  • SOCIALHUB -ソーシャルハブ-
  • Instagram
  • クリエイタータイプ診断
  • クリエイタータイプ診断
  • Vantan By Ru:Run

PAGE TOP