[全日制]商品化のチャンス!産学協同プロジェクト「ROOTOTE」商品企画プレゼンテーションをレポート!【 バンタンデザイン研究所NEWS 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.10.07東京

デザイン学科とフォトグラフィ学科の学生が集合!

 

011_DSC2055.jpg


これから始まるのは、2ヶ月にわたり準備をしてきた

「ROOTOTE」トートバッグデザインのプレゼンテーションです。

 

002_DSC2043.jpg

 

学生

「実際にサンプルも作っています。緊張します……」

 

審査員は、松山講師と、ROOTOTEホールセールス事業部 神谷様。


優秀作品は、10月18日に行われる「バンタンカッティングエッジ2015」で販売される可能性もあるんです!

 

まずは、青木くんのプレゼンからスタートです!

 

023_DSC2077.jpg

 

「コンセプトは『東京が缶詰だったら』です。中身がどんなものになるか想像してデザインしました。

トートバッグが会話のキッカケになれば嬉しいです」

 

017_DSC2066.jpg

 

「アイデアは面白いけれど、色が効果的じゃないかな。

文字もイマイチだし、色々とネガティブな点が気になる」

と、松山講師。

 

神谷さん

「少し大人しい印象ですね」

 

続いては、安島くんの作品。
「東京は移り変わりが激しい場所です。自分のスペースを持って移動できるカタツムリに、東京の人たちが重なりました」

と、カタツムリがビルを運ぶデザインを提案。

 

098_DSC2165.jpg


松山講師

「なぜカタツムリか、その理由が弱い。」と、序盤から厳しい意見が飛び出しました。

 

「来日する外国人に向けて、デザインしました。和柄を正方形に配置し、入り組んだ東京のまちを表現しています」

と、荒畑くん。

 

044_DSC2100.jpg

047_DSC2105.jpg


松山講師

「和柄を使うのは賛成。面白いけど、正方形じゃない方が良かったのでは?」

 

神谷さん

「ターゲットが明確でいいですね」

 

石原くんは、「東京タワー」をモチーフに。

あやとりのように、人の手で東京を作ろうという思いから制作したそう。

 

068_DSC2132.jpg

 

臼田さんは、フォト科松尾くんとの合作で、「SCRAMBLE TOKYO」を発表。

写真をスクランブル交差点に見立てました。

 

082_DSC2148.jpg

 

遠藤さんの「看板」は

 

松山講師

「コンセプトはよく分からないけれど、デザインはシンプルでかっこいいね。」とデザインありきで評価されることも!

 

「日本=2本」と、言葉の響きからデザインしたのは岸さん。

 

093_DSC2159.jpg

 

神谷さん

「面白いと思います!」

 

黒田さん

「東京は待ち時間が多いと思いませんか?私は北海道出身なので、

テーマパークやレストランなどで、待ち時間が多くて暇だなぁと思いました。

東京らしい暇つぶしの方法ってないのでしょうか?

 

……ありました!それは、早口言葉です。

例えば、東京特許 許可局長 急遽特許を、カタカナにしました。

今、カタカナをプリントしたアイテムがブームですし、若いコにウケると思います」

 

126_DSC2202.jpg

 

松山講師

「おじさんは必要?」

 

黒田さん

「東京特許許可局長をイメージしています(笑)」

 

137_DSC2217.jpg

 

神谷さん

「プレゼンの資料を作り込んでいて、いいですね」

 

こうして、各作品へのフィードバックが終わりました!

 

 

審査を終えて……

 

神谷さん

「実は、審査する側も緊張しているんですよ。私は営業なので、売れるか売れないかという点はシビアに見ています。

たくさんの気付きを得られて、刺激をもらいました。ありがとうございます!」

 

 

果たして、選ばれたのはどのデザインなのでしょう……??
結果発表も、どうぞお楽しみに★

 

 

 

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加