国際的メイクアップアーティストTATSU講師監修!! シューティング現場をレポート☆【バンタンデザイン研究所blog】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.09.07東京大阪

授業/特別講師/講演会

ヘアメイク学科の学生が本格的な作品撮りに挑戦しました!!
完成度の高いものは、10/17(水)に開催される
『VANTAN Cutting Edge(バンタンカッティングエッジ)』に出品されますshine

_DSC0555.jpg

_DSC0809.jpg

学生は、2人1組になってヘアメイク&スタイリングを行います。
準備に2時間、撮影時間は40分!!
制限時間内に、いかに自分がイメージする世界を表現できるかが鍵となりますflair

中山未来さんは「80年代の強い女性像」をイメージ。

中山さん
「人の顔は左右で形が違う。いかに左右対称に見せるか?
というのが難しいですsweat01

また、予想外のハプニングも…。

中山さん
「撮影用にエクステンションを買ってきたのですが、
モデルさんの髪の色と微妙に色が違って… すごく焦りました。
ライティングを調整することで、なんとか自然に見えるようになりました…」

_DSC0643.jpg

蛍光灯の下で見るモデルさんと、撮影用ライティングの下で見るモデルさんは
まったく異なるから注意が必要なんですねbearing


撮影現場では、指示が飛び交います。

海外を拠点に、雑誌、広告、コレクションで活躍する
一流メイクアップアーティストTATSUさんからも

「チーク、もっと濃くしてあげたらいいと思う。
あとは、アイラインのキワ。もっとシュッと。
シャープにはね上げて強調したほうがいい」

と、貴重なアドバイス。

_DSC0689.jpg

また、スタイリストさんの判断で、大胆なスタイリングチェンジを行う場面も。
モデルさんはブラックドレスを脱ぎ、マニッシュなコートを直接羽織るスタイルに…。
チーム全体で、作品をより高いレベルに昇華させていきますconfident


筒井さんは「カラス族」をイメージflair
全身黒ずくめのファッションや『COMME des GARCONS』『Yohji Yamamoto』
などのモノトーンルックをイメージソースにしました。

筒井さん
「衣装はあえて野暮ったい感じです」

_DSC0853.jpg

カメラマンYASさん
「モデルさんのエラがはっているから、この角度で撮るのがいいよ」

プロフェッショナルから適切なアドバイスを受けられるのも、撮影の醍醐味happy01

_DSC0892.jpg


田中真子さんは「Sexual Beauty(セクシャル・ビューティ)」をテーマにしました。
30年代に活躍した画家「Rolf  Armstrong(ロルフ・アームストロング)」の
世界観を現代に落としこみます★

田中さん
「メイクで飾り過ぎるのではなく、
女性が生まれつき持っているセクシュアルビューティを追求したい」

ポイントは、きれいなマルセルウェーブ、そしてマットな赤リップ。

_DSC0725.jpg

ヘア担当EIJI講師
「あいてる時間があったら、とにかく動く!!
ウェーブ感を出したいなら、もっともっと空気を入れないと!!」
とアドバイス。

_DSC0791.jpg

コームに直接ヘアスプレーを吹き付け、2秒間髪におしあてると、
固まり過ぎずにしっかりとスタイルがキープできる裏ワザも伝授!!
順調に見えた撮影でしたが、終了後、田中さんは悔し涙を流していましたsad

田中さん
「イメージしていたものに及ばなかった。
放課後に毎日ウィッグで練習しましたが、モデルさんの毛質が予想以上に柔らかく、
思ったとおりのカール感が出せませんでした。。
頬骨のあたりのチークも少し濃かったですし…」

と振り返ります。

「自分のイメージしたものに、技術が追いつかない」

という感想を口にした学生が多く、学生たちの作品に対する真剣さが伝わってきましたshine
もどかしさを感じるのは、高い目標を掲げているから…。
学生たちは「現時点での実力」を確認しながら、着実に前に進んでいます。

今回は、「SIGNO」マネージメントオフィスの第一線でご活躍されている
メイクアップアーティストTATSUさん、ヘアアーティストEIJIさん、
スタイリストSOHEIさんをお招きしてのセッションcamerashine
皆様、誠にありがとうございました!!

一流チームの技術を目の当たりにし、さらなる高みを目指す!!
と心に誓った学生たちでしたflair


>>ヘアメイクの事が良く分かるバンタンのオープンキャンパス・ヘアメイク業界説明会はこちら

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加