[全日制]関西初!!OCAN TOKYO三科光平氏によるトークショー開催!!【バンタンデザイン研究所blog】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.08.16大阪

入試/体験イベント

ついに関西初来校!

「日本一予約の取れない美容師」として、Youtuberとしても活躍中の

OCEAN TOKYO Harajuku 代表取締役 三科光平さんを招いての、

カッティングショー&トークショーが、バンタンデザイン研究所大阪校にて開催されました!

 

普段は東京でしかお会いできない三科光平さんが初めて大阪でイベントを開催するという事で、

予約が大殺到の中から抽選で選ばれた参加者で会場は満員!

 

1.jpg

 

三科さん

「OCEAN TOKYO Harajuku 代表の、三科光平です。

今日来てるみなさんは、将来美容師を目指したいという人が多いと聞いています。

そんなみなさんの熱量だったり、僕自身の美容師としての考えを少しでも伝えられればいいなと思っています。」

 

1-2.jpg

 

さっそく三科さんのカッティングショーを始める前に

ツイッターでも噂になっていた「当日会場からモデルを選ぶ」ということで

司会からの「モデルになりたい子!」の質問に、とんでもない人数が挙手!

 

三科さん

「これはすごいですね、、、笑」

これには三科さんも驚いていました。

 

3.jpg

 

挙手した中から、三科さんがモデルに選んだのは高校3年生の男の子。

あちこちからボソっと「いいなー、、」と声が漏れていました。

 

ここからアシスタントのもるさんも交えていよいよカッティングショースタート!

 

4.jpg

 

5.jpg

 

カッティング中、会場からの質問にも答えていただきました!

 

——雨の日のスタイリングは?

——三科さんのようなスタイリングをするためのコツは?
―ーワックスのおすすめはなんですか?

など、やはりヘアに関する質問が多い中、将来美容師を目指す参加者からリアルな質問に。

 

ーーアシスタントの時に一番きついと思うことなんですか?

三科さん

「僕の場合は特にないんですが、正直トイレ我慢するのきついです。笑

でも、しいて言うならなんでこの先輩の言うこと聞かなきゃいけないんだろう、ってことですね」

 

6.jpg

 

三科さん

「アシスタントって個性を高めなきゃいけない時期で、自分らしさや魅力を養う時期ではあると同時に、

仕事ではそれを殺さなきゃいけない。

はっきり言うと我慢はスタイリストになるためにどうしても必要なことなんです。

なんでこの先輩にって思っても、理不尽なこと言われても、その人より出来ていない以上なにも言い返せないし

そう考えてしまう悪い感情を殺さないといけない。これがアシスタントで一番しんどいです。

仕事なので、上司に言われたことは絶対という認識を持つことが大事です。」

 

この話の最中は、みんなカメラを止めて真剣に聞き入ってました。

 

参加者の質問に、しっかり答えて頂いている間にヘアスタイル完成!

 

モデル

「自分の髪じゃないみたいです。こんなヘアスタイルを自分の髪で出来ると思ってなかったのでびっくりしました!」

カッティングをしてもらったモデルも大満足のご様子。

 

8.jpg

 

続いて三科さん、もるさんによるトークショー

 

——美容師になったきっかけは?

三科さん

「みんなと同じだと思うけど、中学生くらいの時にヘアカタログ読むのが好きで

そこからスタイリングを自分でやるようになったのがきっかけです。

中学生から高校卒業までその気持ちが変わらなかったこと

自分の将来を決めなきゃいけない時にちゃんと決めた。 

それが僕にとっては美容師だったんです。」

 

もるさん

「僕の場合はYoutubeでバズッたからです笑 

高校卒業したら美容師なろうと思ってたけど、親の反対で大学進学したんです、

でもどうしてもやりたいことで仕事したいという気持ちが自分の中で引っ掛かって

改めて美容師を目指すことを決めました」

 

10 (1).jpg

 

ーー美容師としてのやりがいは?

 

三科さん

「お客さんの気持ちをつかんでいくこと、先輩になにも言われない立ち位置をどう築いていくかということなど、

自分が毎日過ごす中で、狙いをどんどん明確に実現させていくことにやりがいを感じています。

それを求めていくと自然と美容師としての楽しさがついてくると思います。」

 

もるさん

「僕の場合は技術をやりがいにしています。

動画配信を元々していたので、その自分が身につけた技術をお客様や視聴者に届けられるのがとても幸せです。」

 

10 (2).jpg

 

――学生時代に何をしておいたらいいですか?

 

三科さん

「仕事以外の人と関われる時間が短くなる職業なので、とにかく友達と遊んだり、

そのためのお金を貯金することをおすすめします笑」

 

「あとは美容師を目指すのだったら、とにかくプロの人に学べればよかったなーとは美容師になってから思いました。

ただ美容師免許を取るために学校に通うんじゃなく、

美容師デビューと同時に他の人より抜けている状態に自分を持っていきたかったので、

教室だけでなく現場で学べたり、リアリティのある環境に自分を置くことが学生時代大事だと思います」

 

―――やりがいと同時に、プロセスを重視してるんですね。

 

三科さん

「僕は叶えたいことは全て叶えないと気が済まないので、

自分の目標一つでもある美容室を日本に増やすという

ゴールに向けて着々と進んでいくことに、先ほど話したことも、考え方もつながっていくと思っています。」

 

参加者による質問コーナーでは、会場のみんなが驚くような事実が判明!

 

―――OCEAN TOKYOの大阪進出は考えていますか?

 

三科さん

「はい、考えています」

 

この回答には、会場全体がどよめきの雰囲気に!

 

「考えてはいるんですけど、場所がまだよくわからなくて。

大阪だったらどこに出店するのがみんなサロンに通いやすいのかな?」

と、三科さんから逆質問。

 

11.jpg

 

梅田・心斎橋・なんば・天王寺の4拠点で挙手制をとったところ、

大半の人が「梅田」に挙手しました。

こんなにも支持の高いOCEAN TOKYO、

大阪に出店されるのを関西のファンが待ち望んでいるようです!

 

——最後に、メッセージをお願いします!
 

三科さん

「今日集まってるみなさんは、ここに来た時点で一歩先を進んでいる状態になっていると思います。

これから先、美容師を目指す過程でも、美容師になってからでも追いつかれないように、

周りに距離を詰められないようにがんばってください。

美容師を目指しても目指さなくても、社会に出ることは厳しいことなのは間違いなくて、

特にその中で大事してほしいのが自分の選んだ目標や夢に自信を持って誇ってほしいです。

 

一番ダメなのが諦めること。美容師は特に辞める人が多いです。

スポーツでも同じで、何でもやり切らなきゃ結果はついてこないし、

テキトーに逃げているような人間にはいつまでたっても結果も人も振り向いてくれない。

これから美容師を目指すのであれば、特にこの壁を越えて頑張ってほしいです。

同じ業界に来るならライバルとして歓迎しますね笑」

 

13.jpg

 

美容師を目指す人に向けて、嘘偽りなく本音をぶつけて語ってくれた三科さん。

これから先美容師を目指す参加者の方には、特別な時間になったと思います。

 

本日は本当にありがとうございました!

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加