[全日制]時代をリードするデザイナーは誰?
Asia Fashion Collection 5th「ポートフォリオ審査」をレポート!【 バンタンデザイン研究所】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.08.07東京

授業/特別講師/講演会

7月某日。

バンタンデザイン研究所デザイナーズメゾンの一室で、

戦いは始まっていました。

 

今回は、AFCの第一次審査の様子をレポートします!

 

//What is Asia Fashion Collection?//

5年目を迎える、バンタンとパルコ主催の、アジアの若手デザイナーを発掘し、インキュベーションするプロジェクト。

東京ステージの優勝者は、ニューヨーク・ファッション・ウィークで、プレス&バイヤー向けのファツションショーを行うことができます。

 

ズラリと並んだブック。

 

1.jpg

 

2.jpg

 

今回は、気になるブランドを、ピックアップしてご紹介!

 

仮面女性をテーマにした「Circlepine」は

シーズンテーマを日本の「家紋」に。

 

3.jpg

 

().jpg

 

また、去年よりもさらに世界観を研ぎすましてのぞむ「Fumiku」も

見逃せない!

 

5.jpg

 

6.jpg

 

 

昨年度、東京ステージにて優勝したDIRIKUデザイナー岡本大陸が、

アドバイスをしたブランド「KENICHI」

KENICHIのコンセプトは、「ストーリーを描き、その背景、人物を服に」。

 

7.jpg

 

バンタンデザイン研究所X-SEED白谷理恵さん「『Rier』のテーマはスペインの夜です。

実際にスペインを訪れて、魅力的だと感じたものを服に落としこんでいます。

デザインでは、機能性×フェミにニンを意識しました」とメッセージ。

 

9.jpg

 

2017_0711_0158.jpg

 

審査員はどのように評価したのでしょうか?

 

10.jpg

 

山本 亜須香講師「去年に比べて、ディレクションブックとしてはよくまとまっています。

ただ、飛び抜けた人がいないという印象が拭いきれません。

コンセプトにしても、オートクチュールというよりポレタポルテのようですね。

デザイナー自身が

『自分が着られるかどうか』を大事にしていて、クリエイションを、より身近なデザイン性として解釈している人が多いです」

 

MIKIO SAKABEデザイナー坂部三樹郎講師「バンタン生だけでなく、高校生、アジアの方と、

いろいろなタイプのデザイナーが混ざっているのがいいですね。ただ、ブックだけでは、可能性しか分かりません。

 

11.jpg

 

判断する基準は、ふたつです。まずは『何か』っぽくないこと。元ネタが分からないことがすごく大事。

何を作るにしても、すごく『何か』っぽくなりがちなのが今の時代。

情報がいっぱいなので、既存の何かの踏襲になっていないことが大事です。

もうひとつは、表紙の印象を気にしていること。そのほうが僕は好きです。

大きなコンペティションでは、審査員も多忙なので、すべてのブックをチェックできないこともあります。

すべてを見てもらえないという状況では、見られる側の意識も必要。

そこまで考えている人の作品は、開こうかなという気持ちになりますね」

 

12.jpg

 

こうして、一次審査が終了。二次のトワル審査に進むデザイナーは……?

 

これからも、Asia Fashion Collection審査レポートをお届けします!

今後の展開に、ご期待ください。

 

>>バンタンデザイン研究所のイベント・学校生活のことが良く分かるバンタンの体験イベント・セミナー情報はこちら[東京校][大阪校]

 

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加