[全日制]ヘアメイク学部『PORTFORIO DIRECTION VOL.8』撮影をレポート!【 バンタンデザイン研究所 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.05.08東京

授業/特別講師/講演会

バンタンデザイン研究所 東京校セッションタワー校舎で行われた、

ヘアメイク本科・WSヘアメイク本科「PORTFORIO DIRECTION VOL.8」の撮影に密着しました!

 

「PORTFORIO DIRECTION」とは、月に1回、1年で計10回行われる作品撮影で、

プロの日本人もしくは外国人モデルさん1名を使い「ナチュラルメイク&ヘア」ともう1つ別のテーマの2種類のスタイルを製作します。

 

指導してくださる講師とテーマが毎回変わるのが「PORTFORIO DIRECTION」の特徴。

8回目にあたる今回は、日本人モデルさんを使い、「上品な強さ」というテーマに挑戦します。

 

20170226_VDI_021_DSC3346.jpg

 

 

担当講師はメイクがAYA講師、ヘアがRITSU講師。

お二人ともプロの現場で活躍されているアーティストです。

 

ちなみに過去のテーマは、

VOL.1 「Line × Color × Texture = Contemporary beauty」

VOL.2 「New Elegant/Lip/Matte」

VOL.3 「GLOSSY」

VOL.4 「DRAK POP」

とそれぞれ旬でありながら、特徴的なテーマに取り組んできました。

 

S__38961156.jpg

 

 

スタジオに入ると「ナチュラルメイク&ヘア」の撮影が行われていました。

 

モデルさんの持つ“ありのままの美しさ”をひき立てるようなメイクに、ゆるいまとめ髪やウェーブスタイルといったヘア。

撮影は順調に進んでいきます。

 

20170226_VDI_015_DSC3339.jpg

 

続いてVOL.8のテーマ「上品な強さ」の作品を撮影するため、メイク室では準備が行われていました。

仕上がりの状態を、AYA講師とRITSU講師がチェックしてくださいます。

 

20170226_VDI_042_DSC3371.jpg

 

20170226_VDI_016_DSC3341.jpg

 

 

そして、スタジオでは次々に撮影が進んでいきます。

 

和服を羽織って、赤リップと太い眉毛がとても凛々しい印象の作品や、モデルさんの顔のラインに針金を沿わせるという独創的な作品など。

 

20170226_VDI_079_DSC3414.jpg

 

20170226_VDI_073_DSC3408.jpg

 

 

テストで撮影された画像を見てAYA講師が「左側の下の部分だけリップが足りないね」と指摘。

学生はすぐにモデルさんのそばに行き、リップのバランスを直します。

とても繊細な、プロの仕事ですね!

 

20170226_VDI_076_DSC3411.jpg

 

撮影終了後、学生に今回の撮影の感想を伺うと「今回はかなり満足できる出来になりました。よかったです!」と笑顔を見せてくれました。

 

20170226_VDI_056_DSC3389.jpg

 

次回のVOL.9とVOL.10「PORTFORIO DIRECTION」は、3月に日本人と外国人モデルを使って行われる予定です!

 

>>バンタンデザイン研究所のイベント・学校生活のことが良く分かるバンタンの体験イベント・セミナー情報はこちら[東京校][大阪校]

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加