スタイリスト

職業詳細

スタイリスト

さまざまな場合において、そのシーンにあった衣装や小物、髪形をコーディネートする者。
映画や舞台、テレビ、ファッションショーなど、華やかな舞台でその才能を発揮できます。将来的には、フリーランスとして独立する人がほとんどです。

しかし実際はアイロンがけや荷物持ちなどからその世界に入ることが多く、有名なスタイリストに師事する傍ら、主に裏方作業を担当します。

服飾系の専門学校などで、その知識やファッション用語、を学び、ファッションセンスを養うことが求められます。
 

特に求められる資格等はありません。

トレンドを敏感に察知することが大事なので、日頃から流行に敏感で、おしゃれに気を配っておる人はこの仕事に向いているといえます。


下積み時期は苦しいことが多いですが、自立し一人前のスタイリストになると、実際に自分が選びコーディネートした衣装や小物が、俳優やモデルに着られて世に出ることになります。
受け入れられて、自らがトレンドを作り出すことが間近で見られることが、魅力の一つです。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:スタイリスト

レギュラーの仕事を持てれば、仕事は安定していきます。ここではまだ企業の専属として働いて、のちのちフリーランスとして働くための知識やスキルを養います。

年収イメージ : 年収イメージ200万~400万円

6~10年目:スタイリスト(フリーランス)

ここで初めてフリーランスとして働き始めます。企業を通さず契約ができるので、高収入も期待できます。その一方で、フリーランスとして自らの資産運営もする必要があります。

年収イメージ : 年収イメージ500万~700万円

11年目以降:スタイリスト(トップスタイリスト)

人気スタイリストとして、有名な俳優やタレントに指名を受けることもあります。また、大規模なファッションショーなどにもよばれることもあり、自分の培ってきたセンスとスキルが思う存分試せます。

年収イメージ : 年収イメージ800万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加