パタンナー

職業詳細

パタンナー

ファッションデザイナーの書いたデザイン画をもとに、型紙を起こすことを担当する者。
デザイン画を正確に起こすために、高いパターンメイキング能力が必要になります。


特に必要な資格はないですが、専門学校などでパターンについて専門的に勉強することが求められます。

近年ではコンピューターでパターンを起こす企業も増えているため、CAD(コンピューター設計支援システム)についてのスキルも求められる場合もあります。

細かく正確な作業が求められるので、手先が器用な方や几帳面な方に向いている職業と言えます。
もちろんファッションに興味を持っていることは必須です。


デザイナーと綿密な打ち合わせが必要なため、コミュニケーション能力も問われます。人付き合いが得意な方ならなお良いです。

ファッション業界の中でも需要が多い職業で、デザイナーになりたい人が通るべき道です。
 

最初はアパレルメーカーに勤める方がほとんどで、そこでスキルを、磨いてからフリーランスとして働く方もいます。

自分がパターンを起こしたデザイン画が、実際に服になる、という過程を見ることができるところが魅力のひとつです。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:パタンナー

パタンナーとして、日々たゆまぬ研究が必要とされます。どれだけ短時間でパターンが引けるかなど、スキルアップが欠かせなくなります。

年収イメージ : 年収イメージ300万~400万円

6~10年目:パタンナー(チーフ)

パタンナーは定着業なので、転属はあまり必要がありません。その分パタンナーとしてのスキルアップが常に求められます。優秀なパタンナーだと、高収入も望めます。チーフになると、統率力も必要になります。

年収イメージ : 年収イメージ400万~500万円

11年目以降:パタンナー(フリーランス)

フリーランスとして大手のアパレルや有名なデザイナーにパタンナーとして求められることもあります。起こすパターン画の数で収入が決まるようになります。そのためにも、信頼を勝ち取ることが大事です。

年収イメージ : 年収イメージ600万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加