サウンドクリエイター

職業詳細

サウンドクリエイター

HDレコーディングや編集技術を専攻とする音楽クリエイターのことです。

主に編集技術を最大限に利用して、音楽を作り出し、音源の完成度を上げ編集作業に取り組みます。


特に必要な資格や検定はありませんが、専門学校などでサウンドクリエイターになるための専攻だったり学科だったりがそれぞれあるので、そこで編集技術や音楽について勉強しておくことをおすすめします。


なんといっても音楽を聴くことが好きなこと、音楽を演奏したり歌うことが好きな方に向いている職業です。

また、いつでも最新の情報を敏感にキャッチするためのマーケティング能力や、音楽を作り出すための創造力が求められます。


ひとつの音楽を作りだし、編集するには、根気も必要です。時には自分の納得できない音楽ができあがってしまったりと、苦悩することもあるかもしれません。
そういう時のために、忍耐力とよりよいものを作りだそうと思う向上心が大事になってきます。

自分が一から創り出した音楽を編集し、世間に出し、人々に受け入れられるところが見ることができるのが、この仕事の大きなやりがいと言えます。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:サウンドクリエイター

現場にも業務にも慣れてきて、チーフとして活躍しだすこともあります。実際に音楽を創り出し、編集までひとりで担当します。

年収イメージ : 年収イメージ200万~400万円

6~10年目:サウンドクリエイター(マネージャー)

マネージャーとして責任ある立場を任されます。ここで、のちのち独立した時のために、コネクションを作っておくことも大事です。

年収イメージ : 年収イメージ400万~600万円

11年目以降:サウンドサウンドクリエイター(独立してフリーランス)

積み上げた実績次第では、独立して、フリーランスとして働きだすことも可能です。その場合、高収入ものぞめます。

年収イメージ : 年収イメージ700万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加