映画ライター

職業詳細

映画ライター

映画に関して記事を書く者のことです。
映画ライターとして、その担当する映画の感想や批評を記事にして執筆活動をします。


大体の映画ライターはフリーランスの者が多く、出版社や映画製作会社と深く密接している方々が多いです。

特に必要な資格や検定はなく、映画ライターになろう、と思って、そう名乗ればなれる仕事です。

一方で、フリーランスとして働き始めても、収入が安定しないことが多く、不安定な職業でもあります。

雑誌、書籍、web上など、その活躍の場はさまざまですが、なんといっても映画に詳しく、精通していなくては出来ない仕事です。
また、さまざまな出版社や編集プロダクション勤務を経て、それらの方と深く密接することになるので、コミュニケーションスキルも必要になります。


一番大事なのは、やはり文章を読むこと、書くことが好き、だということです。
それに加えて、如何に文章作成能力が優れていて、論理的で誠実な文文章が書けるか、ということが大事になってきます。

自分で書いた文章がクライアントによく評価してもらい、認めてもらうことがこの職業のやりがいともいえます。

キャリアステップと年収イメージ

3~5年目:映画ライター(駆け出し)

だんだんとライターとして実績を積んでいけば、クライアントと密接に付き合えることも増えてきます。ここで、映画関連の仕事があったらえり好みせずにどんどん取り組んでいきましょう。

年収イメージ : 収イメージ100万~200万円

6~10年目:映画ライター(一人前)

積み上げてきた実績次第では、出版社や編集プロダクションから声がかかることもあるかもしれません。そこで、映画ライターとして仕事に取り組むことになります。

年収イメージ : 年収イメージ200万~300万円

11年目以降:映画ライター(ベテラン)

人気映画や注目されている映画についての記事を書くことも出てきます。そこで、名を売り出して、有名になることもあります。そうすると、安定した収入も得られます。

年収イメージ : 年収イメージ300万円以上

この職業を目指すならこのコース

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加